@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際地球観測年【こくさいちきゅうかんそくねん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際地球観測年
こくさいちきゅうかんそくねん
International Geophysical Year; IGY
普通,1957年7月1日から 58年 12月 31日までの 18ヵ月間をさし,その期間中に行われた,地球物理学現象についての国際協同観測事業をいう。国際学術連合会議により組織された。従来,地球の両極地方の研究のため行われてきた国際極年と称する協同観測事業の観測対象を全地球およびその周辺に拡大したもの。地震,重力氷河気象海洋地磁気オーロラ大気光,電離層,宇宙線,放射能,太陽活動などがその対象。ロケット人工衛星が手段として,また対象として扱われ,南極観測が大規模に行われたのがその特徴。また,太陽活動は,極大の時期にあたっていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくさい‐ちきゅうかんそくねん〔‐チキウクワンソクネン〕【国際地球観測年】
International Geophysical Year》気象・地磁気極光と夜光・電離層・太陽活動・宇宙線・経緯度などの地球物理現象について、国際協力により全地球的観測が行われた年。国際極年から発展したもので、1957~58年に実施。IGY

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくさいちきゅうかんそくねん【国際地球観測年 International Geophysical Year】
略称IGY。64ヵ国が参加して地球物理現象の共同観測を実施した,1957年7月から58年12月までの期間のこと。観測項目は,気象,地磁気,夜光およびオーロラ,電離層,太陽活動,宇宙線,緯度および経度,氷河,海洋,ロケットおよび人工衛星による諸観測,地震,重力,放射能など多岐にわたり,バン・アレン帯の発見,海底地殻熱流量の測定,海洋における深層流の測定など多大の成果をおさめた。日本も日本学術会議を中心に,南極観測をふくむほとんどすべての項目に参加した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際地球観測年
こくさいちきゅうかんそくねん
International Geophysical Year

1957年7月1日から1958年12月31日までの1年半にわたって行われた国際共同の地球物理現象観測事業(略称IGY)。もともと、極地を中心とする気象、地磁気などの共同観測を目的とする国際極年(International Polar Year、略称IPY)という国際共同観測が、第1回は1882~1883年、第2回は1932~1933年と50年ごとに行われており、第3回は1982~1983年が予定されていたが、第二次世界大戦後の学問の急速な発展を考えて、25年目に繰り上げようということになった。ところが計画が進むうちに、極地ばかりでなく全地球を対象としよう、また観測項目もなるべく多くの現象を対象にしようと、どんどん規模が大きくなっていった。このために、名称も国際地球観測年と改め実施されることになった。全体の計画は国際学術連合会議(ICSU、現・国際科学会議)が統括し、それに60か国以上が参加し、極光(オーロラ)、気象、海洋、氷河、地震、重力、地磁気、宇宙線など、地球物理のほぼすべての分野にわたる観測が実施された。

 この頃はまだ東西冷戦の真っただ中であり、国際的な共同研究などは非常に困難な時代であったが、主要国がほぼすべて参加することになったIGYのためにさまざまな共同観測が実現した意義は非常に大きかった。またこの期間内に、ソ連が史上初の人工衛星スプートニクを打ちあげ、アメリカも翌年にはエクスプローラを人工衛星軌道に乗せることに成功して、宇宙空間の観測が開始されたことは特筆すべき成果である。さらに、南極大陸における各国の観測事業も国際地球観測年が契機となったものが多く、日本も1957年(昭和32)から昭和基地を設けて南極観測事業を開始した。昭和基地での観測はそれ以来今日までずっと続けられ、南極上空のオゾンホールの発見など、多くの科学的成果をあげている。

 このIGYの成功により、その後も多くの国際共同観測事業が実施されるようになった。固体地球関係では、1960年代に国際地球内部開発計画(International Upper Mantle Project、略称UMP)、1970年代に国際地球ダイナミクス計画(International Geodynamics Project、略称GDP)、1980年代に国際リソスフェア探査開発計画(International Lithosphere Project、略称ILP)などが実施されている。

[河野 長]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくさい‐ちきゅうかんそくねん ‥チキウクヮンソクネン【国際地球観測年】
〘名〙 (International Geophysical Year の訳語) 国際学術連合会議(ICSU)の企画によって、六四か国が協力し全世界的規模で地球物理学上の観測事業を行なった一九五七年七月から五八年一二月までをいう。電離層・高層気象・宇宙線・太陽現象・地磁気・極光・経緯度(けいいど)などの観測を行なった。日本は昭和基地を設営して南極観測事業を開始。IGY。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際地球観測年」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際地球観測年の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎フラー(Curtis Fuller)マキノ雅広森一生反右派闘争石井桃子内田吐夢加藤泰黒澤明

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation