@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際数学オリンピック【こくさいすうがくおりんぴっく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際数学オリンピック
こくさいすうがくおりんぴっく
International Mathematical Olympiad
数学の問題を解く能力を競う国際大会。国際科学オリンピックの一つである。略称IMO。20歳未満で、大学教育を受けていない者が対象数学的な才能に恵まれた若者をみいだし、若者や教育関係者同士の国際交流を深めながら、才能を伸ばす手助けをすることを目的としている。第1回大会は1959年にルーマニアで開かれ、以降毎年7月に2週間をかけ、100前後の国と地域から500人を超える選手が参加して行われている。大会は参加国の持ち回りで開催されており、各国は国内コンテストなどで選考された6人以内の代表選手を派遣することができる。日本は1990年に54か国が参加して開かれた第31回北京(ペキン)大会に初めて選手団を派遣し、2003年(平成15)には日本で初めての大会が東京で開かれ、82の国と地域が参加した。
 競技は、参加国があらかじめ提案している問題のなかから6問が選ばれ、選手は1日3問ずつの合計6問を2日間で解く。問題の内容は、世界各国の高等学校程度の知識を前提にした応用問題で、整数問題、幾何、組合せ、式変形などから出題される。両日ともに1問目から徐々に難度が高くなっていく。配点は1問7点で、満点は42点。6問の合計点により、参加者のおよそ半数がメダルを受け、金、銀、銅の割合は1:2:3である。正答が4問で金、3問で銀、2問で銅が授賞の目安となっている。なお、国別ランキングは選手団が獲得した得点の合計で決められる。
 日本における国際数学オリンピックへの派遣事業は、公益財団法人数学オリンピック財団によって行われている。財団では国際数学オリンピックに関連し、日本代表選手の選抜大会である日本数学オリンピック(JMO:Japan Mathematical Olympiad)のほか、日本ジュニア数学オリンピック(JJMO:Japan Junior Mathematical Olympiad)、アジア太平洋数学オリンピック(APMO:Asian Pacific Mathematics Olympiad)などを開催している。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

国際数学オリンピック
世界の高校生以下を対象に、年1回行われている数学のオリンピック。現在の競技は、1959年のルーマニア大会から始まった。日本は、中国で開催された90年の第31回大会から正式参加。2003年7月には日本で、07年7月の第48回大会はベトナムで開催された。
(桂利行 東京大学大学院教授 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

こくさい‐すうがくオリンピック【国際数学オリンピック】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際数学オリンピック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際数学オリンピックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation