@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際標準化機構【こくさいひょうじゅんかきこう】

世界大百科事典 第2版

こくさいひょうじゅんかきこう【国際標準化機構 International Organization for Standardization】
略称をISO(イソまたはアイエスオーと読む)といい,国際規格を制定・普及するための機関であるが,非政府機関である。この機関の前身は,1926年に創設された万国規格統一協会(ISA)である。ISAは,42年に第2次大戦のためその機能を停止するまで21ヵ国が参加して活発に活動していた。この機関に対し,日本からは1929年に工業品規格統一調査会(当時の国家規格である日本標準規格を審議していた政府諮問機関)が参加した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくさいひょうじゅんかきこう【国際標準化機構】
工業・農業産品の規格の標準化を目的とする国際機関。1947年設立。本部はジュネーブ。ISO(イソ)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際標準化機構
こくさいひょうじゅんかきこう
International Organization for Standardization; ISO
工業規格の国際標準化を目指す組織。1926年に前身の万国規格統一協会 ISAが設立され,日本も加入していたが,第2次世界大戦で活動が停止したため,戦後 1947年に再編され現名称になった。総会,理事会のほか多くの専門部会,委員会がある。日本は 1952年以来,工業標準化法に基づき経済産業省に設置された日本工業標準調査会が加入している。本部スイスジュネーブにある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際標準化機構
こくさいひょうじゅんかきこう
International Organization for Standardization
略称ISO。略称を「イソ」ともよむ。万国規格統一協会、国際連合規格調整委員会を前身とし、1947年発足。本部はジュネーブ。各国の標準化国内団体相互の協力を図る私法上の非政府組織で、(1)工業・農業産品の国内規格の調整と統一、(2)標準化活動についての情報交換と協力を任務とする。専門委員会の議決に基づきISO規格、ISO推薦規格が設定される。日本からは1952年(昭和27)に日本工業標準調査会(JISC)が加入した。また、1976年に結ばれた協定により電気工学、電子工学分野に関する標準化は国際電気標準会議(IEC)が行っている。[山本草二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくさい‐ひょうじゅんかきこう ‥ヘウジュンクヮキコウ【国際標準化機構】
(International Organization for Standardization の訳語) 工業規格を国際的に標準化するため、一九四七年に設立された機関。本部ジュネーブ。一九二六年創立の万国規格統一協会(ISA)が第二次世界大戦のために機能を停止し、かわりに設立された国際連合規格調整委員会(UNSCC)がその前身。日本からは昭和二七年(一九五二)日本工業標準調査会が加入。ISO。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

国際標準化機構
コクサイヒョウジュンカキコウ
International Organization for Standardization

略称ISO.国際的な共通規格の制定を目的として設立された非政府間機構で,全世界の標準となる工業規格や品質管理規格などを制定している.1947年に設立され,本部はジュネーブにおかれている.日本は1952年に加入し,現在,全世界で140か国以上が加入している.品質管理システム(ISO9000シリーズ),環境管理システム(ISO14000シリーズ)などを制定している.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくさいひょうじゅんか‐きこう〔コクサイヘウジユンクワ‐〕【国際標準化機構】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

こくさいひょうじゅんかきこう【国際標準化機構】

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際標準化機構」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際標準化機構の関連情報

関連キーワード

グローバル労連国際計量計測用語国際科学オリンピック国際関係の社会学国際通信国際パラリンピック委員会IFRSノートル・ダム楽派レオニヌス世界銀行

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation