@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際河川【こくさいかせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際河川
こくさいかせん
international river
複数国の領域を貫流し,あるいは複数国の国境を流れて海との交通が可能な河川で,沿河国 (riparian countries) 同士,あるいは沿河国と非沿河国が条約を結んで,沿河国のみならず非沿河国の船舶にも通航を認めたものをいう。河川は本来所在国の内水であり,外国船舶の通航を認める義務はない。しかし複数国を貫流し,あるいは国境を流れて海に注ぐ河川に関しては,船舶の自由な通航を認めることが通商上望ましい。そこで条約によって外国船舶の通航を認めることが古くから行われてきた。 1815年のウィーン会議最終議定書は,ヨーロッパの諸河川は沿河国の条約によって自由航行を認めるべきことを宣言し,その後ライン,ダニューブ (ドナウ) ,エルベ川などの国際河川化が実現した。 1921年には「国際的利害関係ある可航水路に関する条約」 (バルセロナ条約) が締結され,国際河川に関する一般的なルールが定められた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくさい‐かせん【国際河川】
数か国の領域を貫流し、または国境となっている河川で、条約によってすべての国に航行の自由が認められているもの。ドナウ川ライン川など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくさいかせん【国際河川 international river】
国際河川については,一般的な条約がある。それは,1921年にバルセロナで締結された〈国際関係を有する可航水路の制度に関する条約〉(通称,国際河川条約)と,これに付属する国際河川規程である。後者によれば,数ヵ国の境界を構成し,または,数ヵ国を貫流する河川であって,海へ,または,海から自由に航行できるものについては,他の条約当事国の船舶に対して自由に航行を許す。このような河川が,国際河川である。河川はもともと内水の一部であるから,領域国は,これを外国船舶の通航に開放すべき義務を負わない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくさいかせん【国際河川】
数か国の国境となったり、また数か国を貫流する河川で、条約によって諸国の船舶の自由航行が認められているもの。ドナウ・ライン・エルベなどの河川。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際河川
こくさいかせん
international river
川の流域が複数の国に及ぶ水路を国際河川という。国はその領土に接する川の部分を領域として管轄する。流域国は国際的な合意によって、国際河川の航行および航行以外の利用について相互に協力することを求められている。ライン川などヨーロッパの若干の河川は、19世紀以来商業用航洋船舶の航行に開放されてきた。1921年に国際関係を有する可航水路の制度に関するバルセロナ条約と規程が採択され、海洋へおよび海洋から航行できる水路は、通商・交通の自由のためにすべての商船の航行に開放されるとの原則が定められた。沿河国は、通航船舶および積み荷に対して、水路とその施設の維持・改良費の範囲を超えて課徴金を課してはならないとされた。その後、約半世紀を経て灌漑(かんがい)、水力発電、飲料水など、川の水の利用が増大し、また廃水などによる河川水の汚染の防止が緊要な課題となった。国連総会は国際法委員会の報告をもとに、1997年5月27日に「国際水路の非航行的利用の法に関する条約」(「国際水路の非航行的利用条約」)を採択した。この条約によれば、(1)流域国はその流域内において河川を衡平かつ合理的な方法において利用し、他の国に重大な害を与えないよう相当の注意を払う、(2)国は河川水の有害な汚染を防止し、国際河川の生態系を保護し保全する義務を負う、(3)国際河川の管理は、河川ごとに設けられる国際河川委員会を通じて行われる、とされている。[中村 洸]
『地球環境研究会編『地球環境条約集 第4版』(2003・中央法規出版) ▽大沼保昭・藤田久一編『国際条約集 2003年版』(2003・有斐閣)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくさい‐かせん【国際河川】
〘名〙 数か国の国境となり、または、数か国にまたがって流れる河川で、沿岸諸国が条約によって船舶の自由航行を認めたもの。また、国際条約により非沿岸諸国を含むすべての国の船舶の自由航行を認めた河川。ドナウ河、ライン河、エルベ河などがある。〔現代文化百科事典(1937)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際河川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際河川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation