@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際競技連盟【こくさいきょうぎれんめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際競技連盟
こくさいきょうぎれんめい
International Sports Federations; IF
競技別スポーツ国際組織総称。 1881年に創立された国際体操連盟が最も古く,1900年前後からオリンピック競技大会発展により結成が進んだ。オリンピック憲章国際オリンピック委員会公認している,オリンピック競技大会を構成する IFは夏季競技 28,冬季競技7の計 35。各 IFは世界選手権などを開催するほか,オリンピックでも競技運営についてはみずからの責任で実施する。夏季オリンピックでは大会の肥大化抑制のため,世界選手権などで実施している全種目のなかから一部を削除して行なうケースも少なくない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

国際競技連盟
スポーツの種目ごとにそのスポーツを統括する、世界的な組織の総称。国や地域を代表するスポーツ組織が加盟。世界選手権の主催を始め、IOCと協力して五輪国際地域競技会を開催。ルール制定・改正、記録の公認、不法行為処罰、競技大会開催地の決定など、そのスポーツの国際的な意思決定権を持つ。国際競技連盟の会長として活躍した日本人には、国際柔道連盟初代会長の嘉納履正や国際卓球連盟第3代会長の故・荻村伊智朗がいる。国際競技連盟の連合体として、国際競技連盟連合(GAISF)がある。
(高橋義雄 名古屋大学総合保健体育科学センター講師 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

こくさい‐きょうぎれんめい〔‐キヤウギレンメイ〕【国際競技連盟】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくさいきょうぎれんめい【国際競技連盟 International Sports Federation】
各種スポーツの国際機構の総称。略称ISFまたはIF。例えば,国際陸上競技連盟,国際スキー連盟のように,それぞれのスポーツを国際的に統制する組織のこと。各国,各地域を代表する国内団体で構成し,世界選手権大会を主催するほか,IOC(国際オリンピック委員会)に協力して,オリンピック大会の各競技の運営を管理する。非加盟国は,その競技のすべての国際競技会に参加できない。国際,国内をとわず,公式競技会は,すべて国際競技連盟のルールに従って運営される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくさいきょうぎれんめい【国際競技連盟】
国際陸上競技連盟などのように、競技種目別に国際的に組織された団体の総称。 ISF 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際競技連盟
こくさいきょうぎれんめい
International Federations
略称IF。各国の競技団体を国際的に統括する組織。各IFはオリンピックや世界選手権などでそれぞれの競技の運営にあたると同時に、国際的に適用する大会参加規定や競技規則(ルール)を独自に制定する。
 国際オリンピック委員会(IOC)が2013年時点で「夏季オリンピックスポーツ国際競技連盟」として公認しているIFは国際陸上競技連盟、国際サッカー連盟、国際柔道連盟など28団体があり、「冬季オリンピックスポーツ国際競技連盟」としては国際スキー連盟、国際スケート連盟など7団体がある。これらの連盟は、いずれもIOCがすでに開催を決定している夏、冬のオリンピック大会での実施競技となる連盟に限られている。
 そのほかに、2013年時点で「IOC承認の国際競技連盟」として33の連盟が存在し、日本に関係の深いものとしては国際野球連盟、国際ソフトボール連盟、国際相撲連盟(暫定承認)などがある。
 日本で盛んな野球、ソフトボールは2008年の北京(ペキン)オリンピックまでは競技種目に採用されていたが、国際的な普及度の問題もあって2012年のロンドン・オリンピックでは実施競技から外され、2016年のリオ・デ・ジャネイロ大会でもオリンピック復帰はならなかった。したがって現在は「承認連盟」となっている。一方、2016年のオリンピックに新しく実施競技となったゴルフとラグビーを統括する国際ゴルフ連盟、ワールドラグビー(2014年に国際ラグビーボードから改称)は新しく「夏季オリンピックスポーツ国際競技連盟」のメンバーに追加公認された。
 オリンピック競技に採用されるには、その競技が国際的に広く普及されていることがもっとも大きな要素になっているが、2012年の時点で加盟国(地域、協会を含む)が200を超す国際競技連盟には陸上競技、サッカー、バスケットボール、卓球、バレーボールなどがある。[加藤博夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際競技連盟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際競技連盟の関連情報

関連キーワード

アレクサンドルアレクサンドル体操競技都市気候農商務省ブラジル文学ルノアール(Pierre-Auguste Renoir)おもなお雇い外国人ジェームズAガーフィールドイリ条約

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation