@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

国際純正・応用化学連合【こくさいじゅんせい・おうようかがくれんごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際純正・応用化学連合
こくさいじゅんせい・おうようかがくれんごう
International Union of Pure and Applied Chemistry
IUPAC,ユーパック (またはアイユーパック) と略記,略称する。 1919年に組織された化学および応用化学に関する国際機関原子量有機および無機化合物命名法実験法などに関し協定している。国際学術連合会議 (現国際科学会議) の傘下にあり,日本は日本学術会議が加盟している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

国際純正応用化学連合
 IUPACと略す.世界の化学者の協力を促進し,化学の進展に重要な問題を国際的な規模で討議するために1919年に設立された団体.化合物の命名法の標準化なども行っている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際純正・応用化学連合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際純正・応用化学連合の関連情報

関連キーワード

体系名ニホニウムIUPAC命名法リバモリウムアシル基オガネソンテネシンニホニウムモスコビウムバナジン酸(塩)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation