@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

團伊玖磨【だんいくま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

團伊玖磨
だんいくま
[生]1924.4.7. 東京,東京
[没]2001.5.17. 中国,江蘇,蘇州
作曲家。団琢磨の孫。1942年に東京音楽学校に入学して下総皖一,橋本国彦,細川碧に学ぶ。また,山田耕筰,諸井三郎,近衛秀麿に師事した。1950年 NHK創立25周年記念管弦楽曲募集コンクール(→日本放送協会)で『交響曲イ調』が特賞を受賞,作曲家としてデビュー。1952年木下順二の戯曲を元にした初のオペラ『夕鶴』を初演し,毎日音楽賞,伊庭歌劇賞,山田耕筰賞を受賞した。その後世界各国で上演され好評を博した。1953年芥川也寸志黛敏郎と「三人の会」を結成,自作作品発表のための音楽活動を展開。作品は,美しい抒情性,緻密かつ雄弁で色彩的なオーケストラ語法,壮大な風格といった特徴をもち,『ひかりごけ』(1972,芸術選奨文部大臣賞),『建・TAKERU』(1997)など 7曲の歌劇,6曲の交響曲,歌曲,室内楽,劇音楽,映画音楽,混声合唱組曲『岬の墓』(1963,芸術祭賞文部大臣賞)など幅広い作品を残した。『パイプのけむり』などの随筆でも知られた。1966年日本芸術院賞を受賞。1973年日本芸術院会員,1997年日中文化交流協会会長,1999年文化功労者。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

團伊玖磨
だんいくま
(1924―2001)

作曲家。東京生まれ。実業家団琢磨(だんたくま)の孫。1945年(昭和20)東京音楽学校(現東京芸術大学)を卒業。橋本国彦、諸井三郎らに作曲を師事。『交響曲イ調』(1949)でNHK創立25周年記念管弦楽懸賞特別賞を受賞し注目を集める。53年(昭和28)、黛敏郎(まゆずみとしろう)、芥川也寸志(あくたがわやすし)とともに「三人の会」を結成、同会で『ブルレスク風交響曲』(1954)、『管弦楽組曲「シルクロード」』(1955)などを発表。1952年に作曲したオペラ『夕鶴(ゆうづる)』(木下順二台本)を皮切りに、オペラとオーケストラ作品が創作活動の中心となる。おもなオペラには、日本の民族的題材を扱った『聴耳頭巾(ききみみずきん)』(1955)、『ちゃんちき』(1975)、社会的な題材を扱った心理劇『ひかりごけ』(1972)、神話を扱った『建・TAKERU』(1997)などがある。西洋近代音楽のスタイルに基づくオーケストレーションとオペラ作法が團の作品を特徴づけている。交響曲は全部で6曲作曲し、これらはウィーン交響楽団により録音されている。『ぞうさん』(1949)、『おつかいありさん』(1950)、『やぎさんゆうびん』(1952)などの童謡や、歌謡曲『花の町』(1947)のように広く親しまれている歌曲も多数残す。『パイプのけむり』シリーズをはじめ随筆家としても知られた。1973年芸術院会員、99年(平成11)文化功労者となる。

[楢崎洋子]

『『團伊玖磨対談集――毒ヘビは急がない』『團伊玖磨対談集――さしたる用事はなけれども』(1973・読売新聞社)』『『私の日本音楽史――異文化との出会い』(1999・日本放送出版協会)』『團伊玖磨・NHK取材班著『追跡 ムソルグスキー「展覧会の絵」』(1992・日本放送出版協会)』『小泉文夫・團伊玖磨著『日本音楽の再発見』(2001・平凡社)』『『青空の音を聞いた――團伊玖磨自伝』(2002・日本経済新聞社)』『『パイプのけむり』(朝日文庫)』『神奈川芸術文化財団編・刊『Dan year 2000 團伊玖磨軌跡の全貌』(2000)』『河野保雄著『音と日本人――近代日本の作曲家たち』(2001・芸術現代社)』『小林淳著『日本映画音楽の巨匠たち3 木下忠司・團伊玖磨・林光』(2002・ワイズ出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

團伊玖磨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

團伊玖磨の関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation