@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土佐光成【とさ みつなり】

美術人名辞典

土佐光成
江戸中期土佐派画家。京都生。光起の長子。幼名は藤満丸、のち左兵衛尉。正六位下左近将監に任じられ、従五位下刑部権大輔に至る。剃髪して常山と号する。父に学び名手と称せられる。宝永7年(1710)歿、65才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

土佐光成 とさ-みつなり
1647*-1710 江戸時代前期-中期の画家。
正保(しょうほ)3年12月20日生まれ。土佐光起(みつおき)の長男土佐光親(みつちか)の兄。延宝(えんぽう)9年父の跡をついで絵所預(えどころあずかり)となり,内裏,仙洞(せんとう)御所の絵事御用をつとめた。宝永7年2/3月21日死去。65歳。法名は常山。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とさみつなり【土佐光成】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

土佐光成 (とさみつなり)
生年月日:1646年12月20日
江戸時代前期;中期の土佐派の画家
1710年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土佐光成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土佐光成の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation