@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土佐犬【とさいぬ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

土佐犬
とさいぬ
イヌの1品種土佐闘犬ともいわれる。日本古来のイヌではなく,幕末から明治にかけて土佐 (高知県) で強力な闘犬を目的に,四国犬マスチフブルドッグなどの洋犬との混血によってつくられた。体高は 67cm以上, 61cm以上。体重は雄 45kg以上,雌 34kg以上。頭部はやや大きく,耳は頭頂から垂れ,は太く角ばり,は先細で垂れている。短毛で,毛色通称「赤一枚」といわれる赤褐色一色である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とさ‐いぬ【土佐犬】
日本犬の一。高知地方にみられ、中形で毛色はごまや赤色。猪狩りに用いられた。四国犬。
土佐闘犬のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典

とさいぬ【土佐犬】
高知県原産の大型犬。闘犬用に四国犬に洋犬を交配して作られた。耳は垂れ、短毛である。JKCでは、第2グループ(使役犬)に分類する。◇品種の英名はTosa。ジャパニーズ・マスティフともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とさいぬ【土佐犬】
幕末のころから土佐地方で四国犬と洋犬の混血で作出された闘犬で,純粋の日本犬ではない。日本の闘犬は秋田県と高知県でそれぞれ別々に発祥した。強力な闘犬の育種には,マスチフ,グレートデーン,ブルドッグ,セントバーナード,その他の血液が取り入れられたと伝えられるが,詳細は不明である。基礎となった四国犬の面影はまったく消え,分類上はマスチフ族に入り,短毛で吻(ふん)やは太い。最盛期大正末期から昭和の初期で,第2次世界大戦中は絶滅にひんしたが,戦後東北地方に疎開していた少数の犬たちから再興された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とさいぬ【土佐犬】
イヌの一品種。高知市一帯の原産。四国犬とマスチフなど西洋種の大形犬とを交配、闘犬として改良。体高60センチメートル 程度。番犬にもする。とさけん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

土佐犬
とさけん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とさ‐いぬ【土佐犬】
〘名〙 犬の品種の一つ。高知県原産の体高約六〇センチメートルの大形種。明治初年頃、在来の和犬にマスチフやブルドッグなどを交配してつくられ、闘犬として飼育された。毛色は普通、褐色で、力がきわめて強い。とさけん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土佐犬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土佐犬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation