@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土佐紙【とさがみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

土佐紙
とさがみ
約 1000年前から土佐国 (高知県) で産した手すき和紙山内一豊の土佐入国後まもなく,山内家から年々徳川家に献上したもの。江戸時代にすでに紙産地の第1位に立って高度な紙すき技術を確立した土佐の和紙生産は,多種類の優良品を生産しているが,おもなものを原料別にあげると次のとおり。 (1) コウゾ 典具帖 (繊細な繊維を紗を用いて抄出した白色の薄紙。海外にも輸出し貴金属の包装,書画模写,コーヒーのろ過などに使う) ,土佐書院 (純白な障子紙の優良品) ,杉原 (武士の公式用紙) ,丈長 (婦人の髪飾り用) ,小杉原 (懐紙) ,土佐唐紙 (揮毫用) ,半紙。 (2) ミツマタ 東錦 (純白な記録用紙) ,若緑 (複写用) ,紗漉書院 (記録用) ,脂入書院 (便箋用) ,半紙,半切,白鳳紙 (揮毫用) ,図引紙 (青写真の原画用) 。 (3) ガンピ コピー紙。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とさがみ【土佐紙】
高知県の各地ですかれている和紙の総称。紙祖は紀貫之であるとの伝記もあるが,《延喜式》に土佐が主要な産紙国の一つにあげられていることからも,それ以前から製紙が行われていたと考えられる。江戸時代初期にすでに土佐七色紙は全国的に知られていた。《紙譜》(1777)が刊行されるころには,越前美濃と並んで三大産地の一つになっていた。土佐藩紙専売制をとり,はじめはが紙をすべて独占する厳しいものであったが,紙すき農民の反抗によってしだいに後退して,一部の自由販売を認めるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

とさ‐がみ【土佐紙】
〘名〙 土佐国(高知県)から産する和紙。
※言継卿記‐天文一四年(1546)一一月二七日「従一条殿御約束之厚土佐紙一帖、針三本被送下了」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土佐紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土佐紙の関連情報

関連キーワード

エイリク・ベラス ラルセンエイリク・ベラス ラルセンシャニー デービスジェレミー ウォザースプーンジェレミー ウォザースプーン重複保険アルノー トゥルナン濃度(化学)王 濛アポロ・アントン オーノ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation