@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土光敏夫【どこうとしお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

土光敏夫
どこうとしお
[生]1896.9.15. 岡山
[没]1988.8.4. 東京
経営者。1920年,東京高等工業機械科を卒業,石川島造船所に入社。1936年,石川島芝浦タービンに移り,常務,専務を経て 1946年社長に就任。1950年には経営難に陥った石川島重工業に社長として復帰し,同社の再建に尽力する。1960年,播磨造船所と合併した石川島播磨重工業の社長となり,1964~72年会長。また,1965年には石坂泰三に請われ業績の悪化した東京芝浦電気(→東芝)の社長就任率先垂範して同社の立て直しにあたり,1972年会長となる。技術者としての合理的な考え方と,経済自由主義の立場から経済界にも重きをなし,1974~80年には経済団体連合会経団連)の第4代会長に就任,「行動する経団連」を標榜し石油危機後の不況克服に努めた。さらに 1981~83年には第2次臨時行政調査会の会長として「増税なき財政再建」を目指し,日本国有鉄道(国鉄)をはじめとする 3公社の民営化など,一連行政改革に指導的役割を果たした。その後,1983~86年にも臨時行政改革推進審議会の会長として行政改革実現に力を尽くした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どこう‐としお〔ドクワウとしを〕【土光敏夫】
[1896~1988]実業家。岡山の生まれ。経営難に陥った石川島重工業や東京芝浦電気(現東芝)などの社長を歴任再建を成功させた。昭和49年(1974)経団連会長に就任。昭和56年(1981)には第二次臨時行政調査会(土光臨調)会長となり、行政改革に取り組んだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

土光敏夫 どこう-としお
1896-1988 昭和時代の経営者。
明治29年9月15日生まれ。戦後,石川島重工業,石川島播磨(はりま)重工業,東京芝浦電気(現東芝)などの社長を歴任。「ミスター合理化」とよばれる徹底した合理主義者。昭和49年経団連会長。56年から第2次臨時行政調査会会長もつとめ,「増税なき財政再建」と行政改革をうったえた。昭和63年8月4日死去。91歳。岡山県出身。東京高工(現東京工業大)卒。
【格言など】個人は質素に,社会は豊かに。思想(おもい)は高く,暮しは低く(信条)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

どこうとしお【土光敏夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どこうとしお【土光敏夫】
1896~1988 実業家。岡山県生まれ。東京高等工業卒。石川島播磨重工業、東京芝浦電気などを経営。経団連会長・行政改革審議会会長なども務めた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

土光敏夫
どこうとしお
(1896―1988)
経営者、財界人。岡山県御津(みつ)郡大野村(現、岡山市北区)に生まれる。1920年(大正9)東京高等工業学校(現、東京工業大学)機械科を卒業し、石川島造船所入社。1936年(昭和11)石川島芝浦タービン技術部長、1946年(昭和21)同社社長。1950年石川島重工業に社長として復帰、1960年石川島播磨(はりま)重工業(現IHI)社長、1964~1972年会長。1965年東京芝浦電気(現、東芝)の社長に就任し再建に努力、1972年会長となる。1968年経済団体連合会(現、日本経済団体連合会)副会長、1974年経団連第4代会長として「行動する経団連」を実践(名誉会長)。1981年第二次臨時行政調査会会長となり、行革問題に取り組むほか、橘学苑(たちばながくえん)(中・高校)理事長として女子教育に尽力。「簡素」「シンプル・ライフ」が信条。[浅野俊光]
『『私の履歴書』(1983・日本経済新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土光敏夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土光敏夫の関連情報

関連キーワード

取調べ樋口一葉深刻小説ゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation