@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土器川【どきがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

土器川
どきがわ
香川県中部,丸亀平野東部を流れる川。全長 32km。香川県,徳島県の県境竜王山付近を水源とし,和泉層群の砂岩,泥岩互層の山地に選択浸食によるケスタ状の谷が刻まれ,ケスタの急傾斜面の北側山腹に多くの崩壊地がある。河床の泥岩部分が広いところは掘り広げられて盆地となり,砂岩が厚い部分は峡谷をなす。まんのう町の祓川橋付近で河道を北西から北へ変え,丸亀市で瀬戸内海に注ぐ。満濃池の水源となるほか,丸亀平野一帯を灌漑する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どき‐がわ〔‐がは〕【土器川】
香川県中央部を流れる川。讃岐(さぬき)山脈竜王山西斜面に源を発し、ほぼ北西流して丸亀市で瀬戸内海に注ぐ。ダムがないのが特徴。上流は峡谷、中流部の丸亀平野には多くの溜め池があり、満濃(まんのう)池は水源の一部をこの川に依存している。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どきがわ【土器川】
香川県中央部,丸亀平野を南北に貫流する川。県下唯一の1級河川で,幹川流路延長33km,全流域面積140km2。讃岐山脈最高峰の竜王山(1060m)や大川山(1043m)から流れ出し,丸亀市で瀬戸内海に注ぐ。上流部の河谷は地質との整合性が大きく,ケツ岩,泥岩部分はやや広い盆地状を,砂岩部分は峡谷をなす。トンネルによって満濃池へも分水し,丸亀平野の灌漑用水や上水道の大部分を供給している。【坂口 良昭

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

土器川
どきがわ

香川県中部を北流する川。延長33キロメートル。流域面積140平方キロメートル。讃岐(さぬき)山脈の最高峰竜王山(1060メートル)付近に源を発し、北西流して丸亀(まるがめ)平野で瀬戸内海に流入する。至る所で伏流し、降雨時しか流れのみられない所がある。県内の主要河川では多数のダムが建設されるが、土器川流域にはない。下流部の丸亀平野には無数の溜池(ためいけ)があり、満濃(まんのう)池は水源の一部を土器川からの導水に依存している。

[新見 治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土器川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土器川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation