@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土地台帳【とちだいちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

土地台帳
とちだいちょう
土地の状況を明確にし,地租を課するために必要な事項を記載した帳簿。1区画または 1(→)ごとに,地番地目等級評価額,所有者名などが記入されていた。明治政府による地租改正後,1874年から 7年間を費やして全国にわたって完成された。第2次世界大戦後,1947年制定の土地台帳法によって新しい形式に改められたが,1960年に同法が廃止され,土地台帳の記載事項を不動産登記簿(→登記簿)の表題部(→登記記録)に移記することとしたため,今日では不動産登記簿がそれに代わっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とち‐だいちょう〔‐ダイチヤウ〕【土地台帳】
土地の所在・地番地目地積などを登録して、土地の状況を明らかにした公簿。昭和22年(1947)土地台帳法により設けられたが、同35年に廃止。現在は土地登記簿の表題部に記載されている。地籍台帳

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とちだいちょう【土地台帳】
広い土地を所有し,そこに生活する人間集団を支配するには,所有と支配の対象を明確に把握して,適正な管理を行うとともに,外部からの権利侵害に備えなければならない。そのために必要な土地と人間の目録が土地台帳であるが,それは土地所有と結びついた人間支配が行われるかぎり,さまざまな時代と地域で作成された。その中には,所有と支配の対象を確定することに重点がある場合と,それらからの収入確保を目標とする場合,所有地目録というべきものと,領民リストに近いもの,さらに,国家によって作成されて租税台帳とほとんど変わらない文書と,私人の手による記録,というように,多くの次元での内容的な相違があり,用語法も確定してはいない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

土地台帳
とちだいちょう

土地の状況を明確にするために、土地の所在・地番・地目・地積などを登録する帳簿。1947年土地台帳法(昭和22年法律30号)によって設けられたが、60年に同法は廃止された。現在では、土地の状況は土地登記簿の表題部に記載されることになっている。

[高橋康之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とち‐だいちょう ‥ダイチャウ【土地台帳】
〘名〙 旧制で、土地の所在・地番・地目・地積などを登録した公簿。昭和二二年(一九四七)の土地台帳法によって設けられていたが、同三五年廃止。現在、土地の現状は土地登記簿の登記用紙の表題部に明らかにされている。地籍台帳。〔土地台帳規則(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土地台帳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土地台帳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation