@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土壌病害【どじょうびょうがい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

土壌病害
どじょうびょうがい

土壌伝染性病害ともいう。病原が土壌中に生息していて、作物が栽培されると、根や茎に寄生し、根腐れや地上部の黄化、萎凋(いちょう)、立ち枯れなどをおこす病気の総称である。病原の種類は、ウイルス、細菌、糸状菌(カビ)など多岐にわたっており、ウイルスの寄生によるものではムギ類縞萎縮(しまいしゅく)病、細菌によるものでは青枯(あおがれ)病、軟腐(なんぷ)病などがある。糸状菌の寄生によるものはもっとも種類が多く、フザリウムFusarium、リゾクトニアRhizoctonia、バーティシリウムVerticillium属菌などの寄生による萎凋病、つる割病、立枯病、根腐病、黄化病、半身萎凋病などがある。

 土壌病害は同じ作物を続けて栽培すると発生が多くなる。これは、その作物に寄生して病気をおこす特定の病原が作物について繁殖し、のちに厚膜胞子や菌核(きんかく)などの耐久体を多数形成して土壌中に残り、同じ作物が栽培されるとふたたび寄生して、急速に病原の密度が高まるからである。近年、野菜栽培地帯で問題になっている連作障害のもっとも大きな原因は、これら土壌病害の発生によるものである。しかも土壌病害に対し有効な薬剤が少なく防除が困難であることから、農業上きわめて重要な病害になっている。

[梶原敏宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土壌病害」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土壌病害の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation