@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土御門天皇【つちみかどてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

土御門天皇
つちみかどてんのう
[生]建久6(1195).11.1. 京都
[没]寛喜3(1231).10.11. 阿波
第 83代の天皇 (在位 1198~1210) 。名は為仁。後鳥羽天皇の第1皇子。母は内大臣源通親の娘,承明門院在子。建久9 (1198) 年後鳥羽天皇皇太子となり即日即位。承元4 (1210) 年後鳥羽上皇の命により皇太弟 (順徳天皇) に譲位承久の乱では土御門上皇は無関係のため罪を問われることはなかった。しかしみずから望んで土佐に移り,のち阿波に行き,配所でした。それゆえ,土佐院阿波院とも呼ばれる。和歌にすぐれ,詠歌が少くない。陵墓は京都府長岡京市金ヶ原金原寺の金原陵。なお徳島県板野郡堀江 (現鳴門市) に火葬塚がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つちみかど‐てんのう〔‐テンワウ〕【土御門天皇】
[1195~1231]第83代の天皇。在位1198~1210。後鳥羽天皇の第1皇子。名は為(ためひと)。承久の乱後、土佐に流され、のち、阿波に移された。土佐院。阿波院。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

土御門天皇 つちみかどてんのう
1195-1231 鎌倉時代,第83代天皇。在位1198-1210。
建久6年11月1日(または12月2日)生まれ。後鳥羽(ごとば)天皇の第1皇子。母は源在子(ざいし)(承明門院)。父の譲位をうけて4歳で即位。父が院政をおこない,その命により16歳で譲位した。歌人としてすぐれ,「新三十六人撰」のひとり。父上皇が討幕の戦い(承久(じょうきゅう)の乱)に敗れたため,みずからのぞんで土佐のち阿波(あわ)に流され,配所で寛喜(かんぎ)3年10月11日死去。37歳。墓所は金原陵(かねがはらのみささぎ)(京都府長岡京市)。諱(いみな)は為仁(ためひと)。法名は行源。別名に土佐院,阿波院。歌集に「土御門院御百首」「土御門院御集」。
【格言など】しづかなる心のうちも久方の空に隈なき月やしるらむ(「土御門院御百首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

つちみかどてんのう【土御門天皇】
1195‐1231(建久6‐寛喜3)
第83代に数えられる天皇。在位1198‐1210年。名は為仁(ためひと)。後鳥羽天皇の第1皇子。母は源通親の娘在子(承明門院)。1198年(建久9)後鳥羽天皇の皇太子となり,即日受禅。1210年(承元4)後鳥羽上皇の命により順徳天皇に譲位。父上皇の討幕計画には加わらなかったが,承久の乱後,みずから進んで土佐に流され,のち阿波に移って同所で没した。阿波国板野郡里浦で火葬に付し,遺骨は現京都府長岡京市の金原(かねがはら)陵に葬する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

土御門天皇
つちみかどてんのう
(1195―1231)

第83代の天皇(在位1198~1210)。名は為仁(ためひと)。後鳥羽(ごとば)天皇の第一皇子。母は源通親(みちちか)の女(むすめ)在子(ざいし)(承明門院(しょうめいもんいん))。建久(けんきゅう)6年12月2日誕生。後鳥羽天皇の譲位を受けて4歳で即位。16歳のとき弟の守成(もりなり)親王(順徳(じゅんとく)天皇)に譲位。1221年(承久3)の承久(じょうきゅう)の乱では、討幕計画に積極的に参画はしていなかったが、乱後、後鳥羽・順徳両上皇が配流されると、土御門上皇も自ら望んで土佐(高知県)に配流され、ついで阿波(あわ)(徳島)に移り、寛喜(かんぎ)3年10月11日配所に没した。優れた歌人でもあった。御陵は京都府長岡京市の金原(かねがはら)陵。

[山本博也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

土御門天皇 (つちみかどてんのう)
生年月日:1195年11月1日
鎌倉時代前期の第83代の天皇
1231年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つちみかど‐てんのう ‥テンワウ【土御門天皇】
第八三代天皇。名は為仁。後鳥羽天皇第一皇子。建久九年(一一九八)、四歳で即位。承元四年(一二一〇)弟の守成親王(順徳天皇)に譲位。北条氏の専権を喜ばない父が討幕計画を起こし、承久の乱となる。乱後、後鳥羽・順徳院の遠流に際して自らのぞんで土佐に配流され、のち阿波に移り、配所で死去。阿波院。法名行源。建久六~寛喜三年(一一九五‐一二三一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

土御門天皇
つちみかどてんのう
1195〜1231
鎌倉初期の天皇(在位1198〜1210)
後鳥羽天皇の第1皇子。1210年後鳥羽上皇の命により,弟順徳天皇に譲位。上皇と意見を異にし,討幕計画に積極的に参加しなかったので承久の乱(1221)後も幕府から罰せられなかったが,みずから望んで土佐(高知県)に流され,のち阿波(徳島県)に移りその地で没した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土御門天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土御門天皇の関連情報

関連キーワード

春華門院アレクシウス3世特定不妊治療春華門院聖福寺中山忠親冥王星奥州総奉行萱津

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation