@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土御門泰邦【つちみかど やすくに】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

土御門泰邦 つちみかど-やすくに
1711-1784 江戸時代中期の陰陽師(おんようじ)。
正徳(しょうとく)元年8月8日生まれ。土御門泰福(やすとみ)の子。陰陽頭(かみ),治部卿(じぶきょう),天文博士,兵部卿をつとめる。幕府天文方西川正休(まさよし)をしりぞけて改暦をすすめ,宝暦4年「暦法新書」を完成。翌年から「宝暦暦」が施行された。天明4年5月9日死去。74歳。京都出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

つちみかどやすくに【土御門泰邦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

土御門泰邦
つちみかどやすくに
(1711―1784)

江戸中期の陰陽(おんみょう)家。姓は安倍(あべ)氏。陰陽家安倍晴明(あべのせいめい)の裔(えい)泰福(やすとみ)の末子。1722年(享保7)陰陽頭(かみ)、1746年(延享3)治部卿(きょう)、1754年(宝暦4)陰陽頭、1756年天文博士(はかせ)、1759年陰陽頭、1771年(明和8)兵部(ひょうぶ)卿を歴任。墓は京都市下京区梅小路梅林寺にある。8代将軍徳川吉宗(よしむね)は西洋流天文学による改暦を行わんとして西川正休(まさよし)をあげて天文方に任じ、その準備も進んだので、京都の陰陽頭泰邦に改暦を諮った。その結果、京にて再三測験のうえで行うこととなり、天文方西川、渋川光洪(みつひろ)(1723―1771)を遣わして京都八条にある土御門邸の梅小路天文台で観測を始めた。泰邦と西川の間の関係が思わしくなく、吉宗も没して西川は退けられ、結局は泰邦の一存による「貞享暦(じょうきょうれき)」のわずかの修正によって、1754年『暦法新書』16巻が完成、10月16日泰邦より奏進して19日改暦宣下があり「宝暦甲戌元暦(こうじゅつげんれき)」の名を賜り、翌年から「宝暦暦」が施行された。

[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

土御門泰邦 (つちみかどやすくに)
生年月日:1711年8月8日
江戸時代中期の暦学者;公家
1784年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土御門泰邦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土御門泰邦の関連情報

関連キーワード

浮世草子ティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド市民劇ツンベルクディドロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation