@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土方与志【ひじかたよし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

土方与志
ひじかたよし
[生]1898.4.16. 東京
[没]1959.6.4. 東京
演出家。本名久敬 (ひさよし) 。伯爵土方久元。東京大学卒業。中学時代から「南湖座」「ともだち座」をつくってしろうと芝居に熱中し,1918年には自邸に模型舞台研究所をつくった。 20年小山内薫門下生になり,22年演劇研究のため渡欧。関東大震災後帰国し,私財を投じて小山内らと築地小劇場創設,29年築地の分裂後,丸山定夫久保栄らと新築地劇団結成,以後マルクス主義傾斜。 33年渡露。帰国後投獄された (1941~45) 。 46年日本共産党入党。 49年舞台芸術学院副校長に就任後進指導にあたった。おもな演出作品『海戦』『朝から夜中まで』『蟹工船』『西部戦線異状なし』『白毛女』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひじかた‐よし〔ひぢかた‐〕【土方与志】
[1898~1959]演出家。東京の生まれ。久元の孫。本名、久敬(ひさよし)。私財を投じて築地小劇場を創設、日本の新劇確立に尽力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

土方与志 ひじかた-よし
1898-1959 大正-昭和時代の演出家。
明治31年4月16日生まれ。伯爵土方久元の孫。小山内薫(おさない-かおる)に師事。大正13年小山内らと築地小劇場を創設。のち社会主義にかたむき,モスクワにいき,昭和9年爵位を剥奪(はくだつ)された。16年帰国。21年共産党に入党。昭和34年6月4日死去。61歳。東京出身。東京帝大卒。本名は久敬(ひさよし)。著作に「なすの夜ばなし」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

土方与志
1898〜1959(明治31年〜昭和34年)【演出家】小山内薫と新劇のメッカ築地小劇場を設立。 軍の弾圧と戦い、新劇を育てた。大正・昭和期の演出家。東京都出身。本名久敬(ひさよし)。東大卒。資産家の家に生まれ、渡欧して演劇研究後、1924年(大正13)小山内薫の築地小劇場設立に私財を投じて尽力。その後、新築地劇団を組織し、社会主義リアリズム演劇を推進。軍部のプロレタリア運動弾圧が激しくなるとモスクワで活動。帰国後4年間投獄された。第二次大戦後は、舞台芸術芸術学院を創設するなど、後進の指導や演出にあたった。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひじかたよし【土方与志】
1898‐1959(明治31‐昭和34)
演出家。東京生れ。本名久敬(ひさよし)。幕末志士で明治の政治家土方久元(1833‐1918)の嫡孫で,伯爵家の当主だった。東京帝国大学国文科卒業。少年時代から演劇に熱中し,1922年(大正11)より演劇研究のためベルリンに留学したが,関東大震災のに接し帰国した。翌24年6月,新劇運動には自分たちの劇場が必要だと考え,私財を投じて小山内薫(おさないかおる)とともに築地小劇場を創立開場,R.ゲーリングの《海戦》などドイツ表現主義の影響による演出活動を展開し,初期の新劇の基礎を築いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひじかたよし【土方与志】
1898~1959 演出家。本名、久敬ひさよし。東京生まれ。久元の孫。小山内薫とともに築地小劇場を設立、日本の新劇確立に貢献。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

土方与志
ひじかたよし
(1898―1959)
演出家。本名久敬(ひさよし)。明治31年4月16日、伯爵土方久元の嫡孫として東京に生まれる。生後3か月のとき父久明はピストル自殺。1916年(大正5)学習院高等部の同級生と友達座を結成、翌年『陽気な死』を初演出。18年、祖父の死の前夜三島梅子と結婚、爵位を継ぐ。22年、東京帝国大学国文科卒業後渡欧、パリ、ベルリンで演出の理論と実際を学ぶが、関東大震災の報で翌年帰国。24年、小山内薫(おさないかおる)を擁し、私財を投じて日本最初の、劇場をもつ新劇団、築地(つきじ)小劇場を創設した功績は不朽である。以後、経営を支えつつ数多くの内外戯曲を演出、新劇人を養成した。29年(昭和4)新築地劇団を創設。社会主義的傾向を強め、33年モスクワに赴き、国際革命演劇同盟書記局員となるが、その言行のため華族史上初の爵位剥奪(はくだつ)処分を受けた。37年、国外退去を命じられフランスに住むが、生活に行き詰まり41年帰国。ただちに特高に逮捕され、終戦後の45年(昭和20)10月まで入獄。釈放後の46年1月、共産党に入党、フリーで新協劇団や東京芸術劇場の演出で活躍し、後進の育成にあたった。衣笠貞之助(きぬがさていのすけ)監督の映画『女優』(1947)に島村抱月(ほうげつ)に扮(ふん)して出演している。昭和34年6月4日没。[祖父江昭二]
『『演出者の道――土方与志演劇論集』(1969・未来社) ▽『土方梅子自伝』(1976・早川書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひじかた‐よし【土方与志】
演出家。本名久敬(ひさよし)。土方久元の嫡孫。演劇研究のためドイツに留学、大正一三年(一九二四)私財を投じて小山内薫らとともに築地小劇場を創立。築地小劇場分裂後、新築地劇団を結成。第二次世界大戦後新劇再興のため尽力した。明治三一~昭和三四年(一八九八‐一九五九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

土方与志
ひじかたよし
1898〜1959
大正・昭和期の演出家
東京の生まれ。東大卒。小山内薫 (おさないかおる) に師事。渡欧して演出を学び,帰国後,1924年小山内と築地小劇場を創設。'29年には新築地劇団を結成したが,のち弾圧のためモスクワに亡命。'41年帰国し投獄された。第二次世界大戦後出獄して演劇学校を設立し後進の指導にあたった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土方与志」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土方与志の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧[各個指定]工芸技術部門平成の大合併劉邦高祖劉邦馬王堆漢墓マラソンレース白金

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation