@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

土砂災害【ドシャサイガイ】

デジタル大辞泉

どしゃ‐さいがい【土砂災害】
大雨や地震が誘因となって起こる土石流地滑りがけ崩れや、火山噴火に伴って発生する溶岩流火砕流火山泥流などによって、人の生命や財産が脅かされる災害。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

土砂災害
山腹の崩壊などによって土石と水が一体となって流れ落ちる「土石流」、傾斜度30度以上の土地が崩れ落ちる「急傾斜地の崩壊」、土地の一部が滑り落ちる「地滑り」といった種類がある。都道府県は、住民危害が生じる恐れがある場所を「土砂災害警戒区域」に指定、このうち危険性が一層高い場所を「特別警戒区域」に指定する。県のホームページ内の「香川砂防」に掲載。
(2014-09-15 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

土砂災害
どしゃさいがい

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土砂災害」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土砂災害の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation