@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

圧力計【あつりょくけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

圧力計
あつりょくけい
manometer; pressure gauge
マノメータともいう。気体液体圧力を測定する装置総称液体圧力計は液体表面の高さの差から圧力差をはかるもので,U字管圧力計ベル差圧計などがある。重錘圧力計はパスカルの原理を利用し,弾性圧力計は圧力による弾性体の変形を利用して圧力をはかる。このほか,圧力による電気的性質の変化を利用したさまざまな圧力計もある。圧力計は使用目的に応じて高圧計真空計気圧計差圧計微差圧力計などに区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あつりょく‐けい【圧力計】
気体や液体の圧力を測定する器械。使用目的によって気圧計・高圧計・真空計などとよぶ。マノメーター

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

圧力計
 気体や液体の圧力差を測定する装置.マノメーターといって,気体の圧力差を水銀柱の高さで測定するものがあり,これも圧力計の一つである.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あつりょくけい【圧力計 pressure gauge】
気体または液体の圧力を測定する計器。圧力を測ることは,歴史的には大気圧の科学的認識から始まった。1643年に行われたトリチェリE.Torricelliの真空実験である。この実験により,ガラス管内の水銀柱の重量とつり合っているのは大気の圧力であることが立証されたのであるが,当時すでにトリチェリやB.パスカルによって,大気圧が変動することや山の頂上では気圧が低くなることが観測された。この真空実験は水銀気圧計発明であり,その測定原理は液柱型圧力計として今もなお広く用いられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

圧力計
あつりょくけい

気体や液体の圧力を測るための計器全般をいう。きわめて多くの種類があり、原理のうえでは、液柱型、重錘(じゅうすい)ピストン型、弾性素子型、物性利用型などに大別される。測定対象である圧力という量は、測定箇所とみなす面に垂直に作用する力の単位面積当りの大きさであり、国際単位系(SI)の単位はパスカル(Pa)である。圧力計は圧力によって発生する力を重力や弾性力などとつり合わせ、つり合う力の大きさやつり合い点の移動量によって、圧力の大きさを指示する器械、装置である。圧力の基準点を真空に置くものを絶対圧力計、大気圧に置くものを普通圧力計、二つの圧力の差を指示するものを差圧圧力計(差圧計)という。また、大気圧を測る圧力計をとくに気圧計といい、大気圧より低い圧力を測るものを真空圧力計(真空計)という。

[三井清人]

原理と特徴

液柱型圧力計は17世紀以来広く用いられ、簡単な装置で信頼度の高い測定結果が得られる。種々の形式があるが、代表的なものとして、U字形のガラス管に水銀や水などを入れて一端に測定圧力を加え、他端を基準圧力源につないで用いるものがある。一端からの圧力によって押された液体は、他方へ移動して直管部を上昇し、液体に作用する重力と圧力とがつり合う位置で静止する。そのとき両側の液柱の高さの差は圧力に比例しており、この高さの差に液体の密度と重力の加速度を乗じたものが圧力の値となる。

 重錘ピストン型圧力計は、液柱型では測定困難な高圧力の測定用および正確な基準圧力計として用いられる。精密につくられたピストン・シリンダーを鉛直に設置し、大きさを調節できる重錘をピストン上に負荷する構造をもっている。ピストンの下方から加えられた圧力と重錘の重量とがつり合っているとき、圧力の大きさは、重錘の重量をピストン・シリンダーの有効断面積で除した値である。

 弾性素子型圧力計はアネロイド(無液)型圧力計ともよばれ、実用圧力計の大部分を占める。圧力に応じて弾性変形をおこすブルドン管、ベローズ、隔膜(ダイアフラム)などの変形量によって圧力の大きさを指示する計器で、圧力の値は、液柱型または重錘ピストン型圧力計を基準としてつけられた目盛りによって読み取られる。1990年ごろから、圧電性のセラミックスでつくられた小形(数ミリメートル)の感圧素子を用いたデジタル表示の圧力計が広く利用されるようになり、気圧の変化から高度を推定する高度計としても利用されている。

 このほかにも、圧力計あるいはその検出部(センサー)には多くの種類があり、なかでも物性利用型は応用範囲が広い。圧力による電気抵抗の変化、圧電効果(ピエゾ効果)、超音波伝搬速度の圧力係数などは物質に固有の値をとり、物質によっては圧力測定に有効に利用できる。1万気圧程度の高圧力の測定に用いるマンガニン抵抗圧力計などがある。

[三井清人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あつりょく‐けい【圧力計】
〘名〙 流体の圧力の測定に用いられる装置。目的に応じて高圧計、真空計、気圧計、差圧計、微圧計とよばれる。マノメータ。〔工学字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

圧力計
アツリョクケイ
manometer, pressure gauge

流体の圧力を測定する計器.マノメーターともいう.液柱(たとえば,水銀圧力計の水銀柱)やおもりの重量に圧力を平衡させる重力平衡式,圧力によるブルドン管やダイヤフラムなどの変形を用いる弾性式,電気抵抗の圧力による変化を用いる電気抵抗式,結晶の圧電現象を利用する圧電気式がある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

圧力計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

圧力計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation