@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

在地領主【ざいちりょうしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

在地領主
ざいちりょうしゅ
中世に,生産現地に生活の根拠を持っていて,生産に従事している人々を支配していた領主層の総称。在地とは,平安時代前期から文書史料に出てくる言葉で,奈良・京都などの中央の世界を表す語に対して,・山・漁村の生産の現場を味した。在地領主は,中央にあって「在地」と直接の関係を持たなかった「荘園領主」と区別するための表現であり,具体的には,地頭,下公文などの名称の職 (しき) の持ち主がそれであった。領内の住民の支配権を安堵 (あんど。公認の意) されるとともに,屋敷地,それに付属する門田門畠原野などを領有し,多数の下人・所従を所有していた。南北朝時代には国人領主と呼ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざいちりょうしゅ【在地領主】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

在地領主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

在地領主の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation