@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

在宅酸素療法の適応基準【ざいたくさんそりょうほうのてきおうきじゅん】

家庭医学館

ざいたくさんそりょうほうのてきおうきじゅん【在宅酸素療法の適応基準】
(1)高度慢性呼吸不全例
 病態が安定しており、大気呼吸下で安静時のPaO255mmHg以下の者およびPaO260mmHg以下で睡眠時または運動負荷時に著しい低酸素血症をきたすであって、医師在宅酸素療法を必要であると認めた者。
(2)肺高血圧症
(3)チアノーゼ型先天性心疾患
(4)慢性心不全
 心機能分類Ⅲ度以上の慢性心不全で、睡眠時チェーン・ストークス呼吸がみられ、無呼吸低呼吸指数が20以上ある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

在宅酸素療法の適応基準」の用語解説はコトバンクが提供しています。

在宅酸素療法の適応基準の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation