@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

在所【ザイショ】

デジタル大辞泉

ざい‐しょ【在所】
人が住んでいる所。また、物が存在する所。ありか。
郷里。くにもと。「生まれ在所
都会から離れた地方。田舎。ざい。「在所住まい」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざいしょ【在所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ざい‐しょ【在所】
〘名〙
① 住んでいる所。居る場所。すみか。ありか。住所。居所。
※明衡往来(11C中か)上本「只今尋在所召已畢」
※高野本平家(13C前)一「其後はさいしょを焉(いづく)ともしりまゐらせざりつるに」 〔史記‐平準書〕
② ある物が存在する所。あり場所。所在。
※名語記(1275)四「田畠の在所をよくしれる人也」
③ 都会を離れた地方。田舎。村里。ざいごう。ざい。
※平治(1220頃か)上「彼在所にこもりゐて〈略〉ひとへに武芸をぞ稽古せられける」
④ 田舎にある実家。くにもと。ふるさと。郷里。故郷。
※浮世草子・西鶴織留(1694)一「大坂を離れ、女房の在所(サイショ)住吉の南遠里小野(をりをの)に身を隠し」
⑤ 場所。ところ。
※太平記(14C後)一九「而も馬の懸引たやすき在所なれば」
⑥ 江戸時代、大名の政庁の所在地。または旗本や給人の知行所をいう。
[語誌]本来は①の意。中世後期には③の意が生じる。「大坂繁花風土記」によれば、「田舎」の意の「在所」は京都では使わず大阪で用いられること、「近隣の田舎」という意味で「田舎」とは区別されたことなどが記されている。→「ざいごう(在郷)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

在所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

在所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation