@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

在来【ザイライ】

デジタル大辞泉

ざい‐らい【在来】
これまであったことや、行われていたこと。また、そのもの。今までどおり。「在来風習

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざいらい【在来】
これまでずっとあったこと。これまでどおり。従来。 -の方法

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あり‐きたり【在来】
〘名〙 (形動)
① もとからあること。もとのまま。今までどおり。従来。在来。
※談義本・銭湯新話(1754)一「神武以来あり来りの神社の祭さへせぬやふに、成果(ナリハツ)べきかと」
② (転じて) 今までどおりで、少しもめずらしくないこと。ごくありふれていること。型どおりで陳腐なこと。また、そのさま。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉新詩人「趣向は在来(アリキタ)りの筋で一向斬新でないが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あり‐きた・る【在来】
〘自ラ四〙 昔から現在まで存在する。今までどおり変わらないである。もとのままである。古くから伝えられて残っている。
※蜷川文書‐一四集・永祿一一年(1568)八月吉日「対三郎衛門尉、礼節以下儀、可有来事」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「在来(アリキタ)りたる艸冊子は専ら童幼婦女子ばらの玩具(もてあそび)ぐさに供せしもの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あり‐・く【在来】
〘自カ変〙 (その状態で)ずっと存続してきている。また、(その状態が)ずっと存続し経過している。
※書紀(720)雄略九年五月(前田本訓)「又、汝大伴卿(まふちぎみ)、紀卿等と、同じ国近き隣の人にして、由来(アリクルこと)(ひさ)し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざい‐らい【在来】
〘名〙 今までふつうにあったこと。これまでどおり。ありきたり。従前。
※新加制式(1562‐73)一五条「如在来土貢可収納
※門(1910)〈夏目漱石〉一一「御米が在来(ザイライ)よりどれ程力めてゐるかが能く解った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

在来」の用語解説はコトバンクが提供しています。

在来の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation