@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地上楽園【ちじょうらくえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地上楽園
ちじょうらくえん
The Earthly Paradise
イギリスの詩人,工芸家 W.モリスの長編物語詩。4巻,4万 2000行の大作で,1868~70年刊。チョーサーの『カンタベリー物語』にならって作られ,序詩と 24編の物語詩から成る。そのなかでは,アイスランドサガに基づく「グドルンの恋人たち」が特にすぐれており,物語詩の合間にはめこまれた抒情詩は,イギリス田園風景の四季の推移を美しく歌っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちじょうらくえん〔チジヤウラクヱン〕【地上楽園】
《原題The Earthly Paradiseモリスの長編叙事詩。1868年から1870年にかけて刊行。序詩と24編の物語詩からなる。地上楽園

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちじょうらくえん【地上楽園 The Earthly Paradise】
イギリスのW.モリスの3巻,4万2000行に及ぶ長編詩。1868‐70年刊。美と平和と不死に恵まれた〈地上楽園〉の存在は中世以来,ヨーロッパで広く信じられており,古文献,地図に見られる。モリスの詩はこの伝説に基づき,スカンジナビアの民が西の海の遠い彼方にこの楽園を求めて放浪の旅を続け,ギリシア古代文明がいまだに残る都市を発見するという中世への憧れとユートピア志向を示す作品である。【小池

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

地上楽園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地上楽園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation