@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地下網【ジゲアミ】

デジタル大辞泉

じげ‐あみ〔ヂゲ‐〕【地下網】
一村または集落による漁労組織。村または集落の住民が、各自資金資材労力などを提供し合って、による漁業共同経営すること。村張りの網。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じげあみ【地下網】
漁村で地下,すなわち村が共同で経営した網漁業で,村張り網と同義。江戸時代に一般地域では直接生産者が広範に独立して本百姓となったが,そのような地域の漁村においては総百姓共有漁場が広く成立した。ここで営まれた大規模な網漁業のなかには,村中の総百姓の共同経営である地下網が少なくなかった。必要とする相当量の資材,資金,労働力などから考えて,その形態が自然だったためであろう。百姓間の経営参加の内部関係は地域によって差があり,総百姓平等参加,平等分配もあれば,各百姓の百姓株に応じて若干分化がみられる参加,あるいは各百姓の持高に比例した参加などがあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じげ‐あみ ヂゲ‥【地下網】
〘名〙 (一村共有の網の意から) 共有の網を用い、村民各自が必要な資材や資金および労働力を提供し合って、一村が共同で網漁業の経営をすること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地下網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地下網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation