@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地下茎【ちかけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地下茎
ちかけい
subterranean stem
地下において生活するよう変態した形態は多様であって,塊形で多数のをもつ塊茎 (例:キクイモジャガイモ) ,球状ないし塊形で先端に1~数個の芽を有する球茎 (例:コンニャク,サトイモ,クワイ) ,地下の部において茎が短縮し,葉も厚して養分をたくわえ鱗状になる鱗茎 (例:ユリタマネギ) ,状で節があり,根と葉を生じる根茎 (例:ワラビハス) ,塊茎の節間部がふくらんでじゅず状になった念珠茎 (例:チョロギ) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちか‐けい【地下茎】
地中にある植物の茎。根のように養分を蓄えたり繁殖の役をしたりするものが多い。形態から根茎塊茎球茎鱗茎(りんけい)などに分けられる。⇔地上茎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちかけい【地下茎 subterranean stem】
地中にある茎のこと。地上茎はさまざまな形状を示すが,目にふれにくい地下茎もいろいろである。地下茎の基本構造は地上茎と同じである。同じく地中にある根とは,葉をつけること,根冠や根毛がないことなどにより区別できるが,根とならんで植物体の固着の役割も果たす。 地下茎の分枝はシダでは二叉分枝または二叉状仮軸分枝の場合が多い。被子植物ではハランのように単軸的に生長するものもあるが,アマドコロのように主茎の先が直立の地上茎となり,地中腋芽(えきが)から次の地下茎がのび,仮軸分枝をくり返して生長する方が普通である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちかけい【地下茎】
地中にある茎。その形によって根茎・塊茎・球茎・鱗茎りんけいなどに区別される。 → 地上茎

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地下茎
ちかけい
地面よりも下にある茎の総称。形はさまざまで、それに応じていくつかの名称がある。地下茎には、根と間違えやすい形のものもあるが、葉またはその痕跡(こんせき)をつけていること、外生的に分枝すること、維管束の配列が根の放射中心柱とは異なることなどの特徴によって茎であることがわかる。地下茎は貯蔵養分に富むことが多く、働きとしては、冬などのように地上が悪環境のときに生き残れること、および栄養繁殖に役だつことがあげられる。
 塊状または球状に膨れたものを塊茎または球茎といい、両者の区別は厳密には不可能だが、概していえば、球茎はサトイモなどのように母体に接して生じ、軸が垂直で、頂端だけから発芽するのに対して、塊茎はジャガイモ、キクイモなどのように細長い柄があって横向きに生じ、数個の芽をもつ。類似のものに鱗茎(りんけい)がある。これは園芸上では球茎などとともに球根とよばれたりしているが、鱗茎は茎があまり発達せずに、その周りに多肉の鱗片葉が多数ついている。したがって、鱗茎の体積の大部分は葉によって占められている。鱗茎にはユリ、チューリップ、タマネギなどの例がある。地中を横にはうなどして根に似た外観を示すものを根茎という。根茎では、地表面をはう匍匐(ほふく)茎、岩や樹木の表面に付着するよじ登り茎などとの間に明確な一線を引くことは困難な場合もある。根茎はタケ類、ヒルガオ、ドクダミなど被子植物にも多くの例があるほか、シダ類にはきわめて普通にみられる。ゼンマイのように短くて直立する場合でも、シダ類の地下茎は一般に根茎とよばれることが多い。[福田泰二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちか‐けい【地下茎】
〘名〙 地中にある茎。根に似ているが、維管束の配列様式が異なる。鱗片状に退化した葉を持つこともある。形態上、根茎・球茎・鱗茎・塊茎などに区別される。ワラビ、タケ、ジャガイモ、サトイモなどにみられる。
※野火(1951)〈大岡昇平〉一〇「地下茎が千成瓢箪のやうについてゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地下茎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地下茎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation