@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地下【じげ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地下
じげ
平安時代,殿上人に対して,昇殿の許されなかった官人をいった。地下人ともいい,また,殿上人を「うえびと」というのに対して,「しもびと」とも呼んだ。元来,昇殿は機能または官職によって許されるものであったため,公卿でも地下公卿,地下上達部 (かんだちめ) のような昇殿しない人や,四位,五位の地下の諸大夫もいたが,普通は六位以下の官人をさした。近世になると家格が一定し,家柄によって堂上,地下と分れた。その他,広く宮中に仕える以外の人,農民を中心に庶民を地下と呼ぶ場合もあった。 (→名子被官制度 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐げ〔ヂ‐〕【地下】
清涼殿殿上(てんじょう)の間に昇殿することを許されていない官人の総称。また、その家柄。一般には蔵人(くろうど)を除く六位以下をいう。地下人。⇔堂上
官職・位階など公的な地位をもたないこと。また、その人・身分。農民や庶民。民衆。地下人。
地元の人。土着の人。地下人。
自分の住んでいるなど。地元。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち‐か【地下】
地面の下。土の下。地中。「地下二階」⇔地上
死後の世界。冥土(めいど)。泉下。「地下に眠る」
表面に表れない所。社会の表面から隠れて行う社会運動や政治運動などの非合法面をさす。「地下に潜行する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

地下
地球深部で生成された岩石および鉱物に用いる語である.以前はすべての斑晶はintratelluricと考えられていた[Rosenbusch : 1882].ラテン語intraは内部の,tellusは地球を意味する.インフラテルリック(infratelluric)[Michel-Levy : 1889].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じげ【地下】
(1)〈堂上〉に対する語で,清涼殿殿上の間に昇殿する資格を持たないこと,およびその人を指す。一般的には,蔵人を除く六位以下の官人,および四位,五位のうち殿上人の資格をもたない者(〈地下の諸大夫(しよだいぶ)〉)をいうが,本来は昇殿の資格がある者でも一時的にこれを奪われる場合があった。特に鎌倉末期以降に公家の家格が固定されると,位階官職に関係なく地下であり続ける者を生じ,堂上家以外の出身者は公卿となっても昇殿しない慣例となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じげ【地下】
昇殿を許されない官人の総称。また、その家格。一般には蔵人を除く六位以下。公卿くぎよう・殿上人に対する語で、のちには家格の固定に伴い、堂上家とうじようけの出身者以外は公卿でも地下である者が生じた。地下人。 ⇔ 堂上殿上人
宮廷に仕える者以外の人々の総称。一般農民や庶民をさす。地下人。
在郷、また在郷の人。地下人。
自分の住んでいる集落。 それ先度-に寄合があつたは/狂言・右近左近 虎寛本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちか【地下】
地面の下。土の下。 ⇔ 地上 -の貯蔵庫
死後の世界。あの世。冥土。 ⇔ 地上 -に眠る
政治運動・社会運動などの、ひそかに行われる活動の場。非合法であることをいうことが多い。 -活動
[句項目] 地下に潜る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地下
じげ
朝廷の官人のうち、昇殿を許されない者の総称、またその家柄。清涼殿(せいりょうでん)の殿上(てんじょう)の間に昇るのを昇殿といい、昇殿を許されるのを常例とする公卿(くぎょう)と、四位以下で昇殿を許された廷臣すなわち殿上人(てんじょうびと)とに対立する呼び名とされた。のち廷臣の家格が固定するに伴い堂上家(とうしょうけ)に対する称ともなり、地下出身の官人は三位に昇っても昇殿は許されなかった。また意味が拡大されて、公家(くげ)、武家に対する一般農民や庶民の称ともなった。[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐げ ヂ‥【地下】
〘名〙 (「じ」「げ」はそれぞれ「地」「下」の呉音)
① 清涼殿殿上の間に昇殿する資格を認められていないこと。また、その人。堂上、または公卿、殿上人に対する語。一般には蔵人を除く六位以下の者および四位・五位のうちの殿上人の資格を得ていない者についていうが、本来昇殿の資格ある者でも一時的にこれを奪われて地下となる場合があり、また鎌倉末以降家格が固定すると位階官職に関係なく地下であり続ける者が生じた。地下人。⇔雲客(うんかく)
※九暦‐九暦抄・天暦二年(948)七月一九日「午二刻殿上上達部左大臣以下候御前、地下卿上(相か)等候南殿
※大鏡(12C前)三「この侍従大納言殿こそ、備後介とてまだ地下におはせしとき蔵人頭になりたまへる、例いとめづらしきことよな」
② 位階、官職など公的な地位を持たないこと。またその人。地下人。庶民。世俗。民衆。
※連理秘抄(1349)「近比、為世・為相卿、為道朝臣みな達者にて、朝夕にもてあそばれけり。地下にも花の下・月の前の遊客上手おほくきこゆ」
③ 京師および本所・領家に対する田舎、在地。また、その住民。
※吾妻鏡‐養和元年(1181)三月一三日「剰義定居地下之時。件両人乍馬打通其前訖。是已存野心者也」
※高野山文書‐嘉慶元年(1387)一二月五日・太田式部丞書状「一地下事、左様に百姓等とかく煩候らん事、返返無勿躰候」
④ 自分の住んでいる集落の内。郷内。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「Gigueno(ヂゲノ) シュクラウ ジャクハイノ モノマデ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐さがり ヂ‥【地下】
〘名〙 土地がだんだん低くなっていくこと。また、その土地。
※太平記(14C後)七「北は大山に継き峙(そばた)ち、三方は地僻(ぢサガリ)に、峯に懸れる白雲、腰を廻れり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち‐か【地下】
〘名〙
① 地面の下。大地の下。地中。土中。
※三教指帰(797頃)中「地下徹瞻、水上能歩」
※小学読本(1873)〈田中義廉〉二「根は、地下より、食物を吸ひ」 〔史記‐大宛伝〕
② 死後の世界。あの世。よみじ。冥土(めいど)。黄泉。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「死して地下に吾君に逢ば」 〔漢書‐王陵伝〕
③ 表面に表われない所。目立たないこと。世間から離れていること。また、社会運動や政治運動などで非合法な面をもいう。
※寧馨児(1894)〈石橋思案〉五「幼(いとけな)き折より地下(チカ)に人と為りて、浮世を知らで過したればなるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation