@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地主の神【とこぬしのかみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地主の神
とこぬしのかみ
じぬしの,じしゅの神,地神地主様ともいう。土地を主宰する神。神社や寺院で祀られている場合は,寺社創建以前に鎮座した神のことをいい,地主大明神,地主権現などと呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とこぬし‐の‐かみ【地主の神】
その土地を支配する神。じぬしのかみ。じしゅのかみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じしゅ‐の‐かみ〔ヂシユ‐〕【地主の神】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じぬし‐の‐かみ〔ヂぬし‐〕【地主の神】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じしゅ【地主】 の 神(かみ・しん)
その土地の主(ぬし)となって守護する神。土地の守護神。特に、寺の建立以前からその土地にあった神で、その寺院を守護する神をさす。比叡山(ひえいざん)の日吉(ひえ)神社、高野山の天野神社などが有名。じしゅ。
※今昔(1120頃か)一二「此の山の地主の神、我と深き契り有り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とこぬし【地主】 の 神(かみ)
その土地を主宰する神。地主神(じぬしのかみ)。とこぬし。
※古史伝(1825)一六「地主神は、登許奴志能(トコヌシノ)神と訓べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じぬし【地主】 の 神(かみ)
その土地の守護神。とこぬしのかみ。じぬし。→じしゅの神

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地主の神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地主の神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation