@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地代論【ちだいろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地代論
ちだいろん
theory of rent; die Rententheorie
地代が何によって決定されるかについての理論。初めて地代を流通からではなく生産から導き出したのは F.ケネーに代表される重農学派である。その後 J.アンダーソンは,地代は生産価格をこえる市場価格の超過分に等しいとし,地代の源泉が土地間での相対的生産性の差異であること,つまり差額地代の源泉を明らかにした。 A.スミスは,賃金や利潤の高低は価格の高低の原因であるが,地代の高低はその結果であるとしたが,これを継承して,古典派地代論を完成したのは D.リカードである。彼は差額地代を土地の肥沃度と位置の差異,優等地の有限性および土地収穫逓減の法則に求め,農産物の交換価値は最劣等地 (または最劣等投資) に投下された労働量によって規定されるため,優等地においてその個別的価値をこえる価格の超過分が生じ,これが差額地代となるとした。しかしこの場合,最劣等地 (最劣等投資) には地代は生じないことになる。これに対し絶対地代論を展開したのは J.K.ロートベルトゥスである。彼は農業においては原料部分が欠如しているため,そこでの利潤率が一般的利潤率よりも高くなるので,平均利潤を差引いてもなお若干の余剰利潤が残ると説明し,最劣等地にも発生する絶対地代を認めた。これらをふまえて地代論を完成したのは K.マルクスである。マルクスは,差額地代,絶対地代ともに,価値概念を基礎とし,生産価格,市場価値との内的関連において明確に規定した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちだい‐ろん【地代論】
地代の成立・決定についての学説リカード差額地代論マルクスの絶対地代論などが代表的。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちだい‐ろん【地代論】
〘名〙 経済学で、地代の成立ないしは決定などに関する学説。リカードの差額地代論、マルクスの絶対地代論、オッペンハイマーの独占地代論など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地代論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地代論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation