@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地域高規格道路【チイキコウキカクドウロ】

デジタル大辞泉

ちいき‐こうきかくどうろ〔チヰキカウキカクダウロ〕【地域高規格道路】
高規格道路一種で、高規格幹線道路一体となって自動車による高速交通網を形成する自動車専用道路、もしくは同様の規格を有する道路のこと。地域発展の中心となる拠点を連結する、地域の交流連携を促進するなどの機能を有する道路。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

地域高規格道路
93年閣議決定の第11次道路整備5カ年計画に「6千〜8千キロ」構想が盛り込まれ、94、98年の2度の指定で「基礎データ収集や路線全体の整備計画の検討を進める」計画路線186(6950キロ)、「整備の妥当性・緊急性の検討を進める」候補路線110を国が指定した。すでに整備されていた首都高や東京湾アクアラインなども計画路線に組み入れられている。毎年国土交通省判断で着工区間が決まっていく。1キロ程度の空港アクセス道路から総延長約300キロの首都高まで規模はさまざまだ。
(2008-03-02 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

地域高規格道路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地域高規格道路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation