@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地峡【ちきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地峡
ちきょう
isthmus
2つの大きな陸地を結ぶ狭くて細長い陸地。海峡対語パナマ地峡スエズ地峡などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ち‐きょう〔‐ケフ〕【地峡】
二つの主な陸地を結ぶ細くて狭い陸地。スエズ・パナマ地峡など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちきょう【地峡 neck】
大陸と大陸,大陸と半島などを結ぶくびれた狭い陸地。南北アメリカ大陸を結ぶパナマ地峡,ユーラシア大陸とアフリカ大陸を結ぶスエズ地峡,マレー半島のクラ地峡などが有名。その他,ギリシアコリント地峡ユトランド半島のキール地峡などがある。古来陸上交通の要衝であったが,運河が開かれ,あるいは計画されたりして海上交通の要所ともなっている。1869年に開かれたスエズ運河は紅海と地中海を結び,喜望峰回りのロンドン~ボンベイ間の距離を58%に短縮,また1914年開通したパナマ運河太平洋とカリブ海をつなぎ,ホーン岬回りのニューヨーク~ホノルル間の距離を50%に短縮した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

地峡
ちきょう

海洋や海湾の中間にある陸地の一部が極端に狭くなっている地形をいう。北アメリカと南アメリカ両大陸の間にあるパナマ地峡、アジアとアフリカ両大陸の間にあるスエズ地峡は有名である。スエズ、パナマ両地峡の長さは、それぞれ162.5キロメートル、65キロメートルである。両地峡は、海上交通の障害になっていたが、ともに運河の開通により、船舶の航行時間の短縮と運送費の節減から、世界の海運の発達に役だっている。航空機が発達した現在では、海上旅客輸送の地位は低下したが軍事的重要性は依然として高い。マレー半島の北部(タイ領内)にはクラ地峡があり、メキシコ南東部にはテワンテペック地峡がある。両地峡には運河は開かれていない。

[有井琢磨]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ち‐きょう ‥ケウ【地峡】
〘名〙 二つの陸地を結ぶ狭い陸地。ユーラシア・アフリカ両大陸の間のスエズ地峡、南北アメリカ大陸の間のパナマ地峡、マレー半島北部のクラ地峡など。地頸。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「斯国の大軍哥侖の地峡を過ぐるに及び」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地峡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地峡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation