@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地平【チヘイ】

デジタル大辞泉

ち‐へい【地平】
大地のなだらかな広がり。遠くまで続く、起伏の少ない大地。「はるかなる地平の果て」
地平線」の
(比喩的に)物事を考えたり判断したりする際の、思考の及ぶ範囲。「文学の新しい地平を開く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちへい【地平】
平らな大地。大地の平面。
地平線に同じ。
(比喩的に)ある観点をとったときに視野に入れることのできる範囲。 相対性理論の登場は物理学の新しい-を開いた

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ち‐へい【地平】
〘名〙
① 大地の平面。遠く平らに広がっている大地。
※管蠡秘言(1777)「此の如く縦横、周囲、皆三百六十度となす。天頂・地平・底極は、人の見る所よりこれを名く」
※暦象新書(1798‐1802)中「振子画輪の地平に正立するが如は、遠心・求心の力より外に重力ありて下方より引が故に、人力を止れば輪転の動も止むなり」
③ (Horizont の訳語) ドイツの哲学者フッサールの創始した現象学の用語。意識の還元を推し進めてゆく過程において、たえず新しい次元に立たされる主観の前に、くりひろげられる視界。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地平の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation