@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地方公営企業【ちほうこうえいきぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地方公営企業
ちほうこうえいきぎょう
広義では,地方公共団体みずから経営する公益的な事業をいう。狭義では,地方公営企業法が定める,水道工業用水道軌道,自動車運送,鉄道電気ガスの7事業をいう (2条1項) 。地方公営企業法によれば,事業ごとに地方公共団体の任命する管理者がおかれ,また,企業の経理は事業ごとに特別会計を設けて行われ,企業の経費一般会計または他の特別会計の負担するものを除いて,その企業の経営に伴う収入をもってあてなければならない。その職員の労働関係については,一般の地方公務員とは異なる取扱いがされており,地方公営企業労働関係法が適用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

地方公営企業
自治体が直接経営する企業。事業の種類は地域住民の福祉の増進に資する限り制限はないが、実際は民間投資の可能性の低い分野や地域独占的経営を要する分野で行われる。地方公営企業法および地方公営企業労働関係法によって規制される。現在、地方公営企業法が適用されるのは、水道、工業用水、軌道、自動車運送、地方鉄道、電気、ガスの7事業。2004年度末現在、ほとんどの地方公共団体(2580)が総計1万979の企業を経営、職員は全地方公共団体の職員数の14%、40万414人に達する。事業の内訳は、全体の40%が下水道事業、27%が水道事業で、介護サービス事業が7%、病院事業が7%など。事業数は1970年代以降、下水道事業の拡大によって増大し続けたが、2000年以降横ばい、04年度は市町村合併によって減少した。全事業の86%が黒字(総額7271億円)、14%が赤字(総額4680億円)で収支は改善傾向にある。また、民営化民間委託PFI地方独立行政法人制度の導入など、経営改善の努力も進みつつある。
(北山俊哉 関西学院大学教授 / 笠京子 明治大学大学院教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

地方公営企業
上下水道や病院など地方自治体が経営する事業。料金収入で経費を賄う独立採算が原則自治体の特別会計となる。地方公営企業法の財務についての規定だけでなく全体を適用した場合、経営責任を負う事業管理者を置き、職員の任命、給与の扱い、予算案の作成など経営に必要な人・金・物の権限を与えられる。民間的な経営を導入する手烹非適用の場合は、自治体の一部として運営される。
(2009-12-05 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ちほう‐こうえいきぎょう〔チハウコウエイキゲフ〕【地方公営企業】
地方公共団体の経営する公益的な事業。特に地方公営企業法の適用される水道・工業用水道・軌道・自動車運送・鉄道・電気・ガス事業をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちほうこうえいきぎょう【地方公営企業】
地方公共団体の経営する企業をいう。その大部分公益事業,すなわち,住民の生活基盤を成す必需性の高いサービスを提供し,かつ大規模な固定資本設備を要するため地域的独占を生みやすい事業である。現在主たる地位を占める事業は,水道,交通,病院,下水道であり,第2次大戦前の電気,ガス事業は,戦後に民営化が進み,その比重は大幅に低下した。原則として事業ごとに特別会計を設けて経理されるが,1952年公布の地方公営企業法によりその自立性はいっそう強化された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちほうこうえいきぎょう【地方公営企業】
地方公共団体が経営する公益性の高い事業。水道・軌道・自動車運送・地方鉄道・電気・ガスなどの事業。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地方公営企業
ちほうこうえいきぎょう
地方公共団体(都道府県市町村)が経営する公益的な事業をさし、〔1〕水道、〔2〕工業用水道(簡易水道事業を除く)、〔3〕軌道(例、市電)、〔4〕自動車運送(例、市バス)、〔5〕地方鉄道(例、地下鉄)、〔6〕電気、〔7〕ガス、をはじめ、病院、港湾整備、宅地造成などの各事業を含む。その範囲は広く、しだいに拡大する傾向にある。上記のうち、〔1〕~〔7〕については、地方公営企業法が適用される。第二次世界大戦後、住民福祉の充実の方向に沿って、地方公営事業は拡大していったが、高度成長期には放漫経営もあって、累積赤字が激増した。これを救済するため、自治大臣の諮問機関であった地方公営企業制度調査会の答申に基づき、同法が大幅に改正された(1966)。同法は、地方公営企業が経済性を発揮しながら、本来の目的である公共の福祉を増進することを原則としている。そのうえにたって、地方公営企業の組織、財務、人事管理、労使関係についてあり方を定めている。とくに累積赤字の処理については、前記の大改正時に財政再建の章を設け、累積赤字棚上げのための財政再建債の発行、同債に対する国の利子補給などを定めている。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちほう‐こうえいきぎょう チハウコウエイキゲフ【地方公営企業】
〘名〙 地方公共団体が経営する水道・軌道・自動車運送・地方鉄道・電気・ガスなどの各事業で、常時雇用される職員の数が一定数以上のもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方公営企業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地方公営企業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation