@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地方時【ちほうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地方時
ちほうじ
local time
地球上のある地点で,その地を通る子午線を基準として定めた時刻を,その地の地方時という。実際には,その地点の平均太陽時角に 12時間を加えた地方平均時をさすことが多いが,地方恒星時,地方真太陽時も同様に定められる。また,その範囲に含まれる特定の地点の地方平均時をその範囲内の共通の時刻として使う。これを標準時といい,日本では兵庫県明石市の東経 135°の地点の地方時を日本標準時として使っている。これは常用時ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちほう‐じ〔チハウ‐〕【地方時】
ある地点の子午線を基準として定めた時刻。ふつう平均太陽時をさし、恒星時の場合は地方恒星時という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちほうじ【地方時 local time】
地球自転に基づく時刻システムを総称して自転時と呼ぶが,このうち,対象とする天体または基準点が太陽の場合が太陽時,春分点の場合が恒星時である。ただし前者では太陽の時角(観測者の子午線から問題とする天体を含む時圏までの角度を西向きに測り時間単位で表す)へ12時を加えたものが太陽時,後者では春分点の時角がそのまま恒星時である。このように自転時は観測地点の子午線を規定して初めて決まる。一般に経度0゜の基準子午線以外の任意の子午線に関する自転時を地方時と呼んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

地方時
ちほうじ

時を測ろうとする地点の子午線を基準にして、天体の時角によって決める時系をいい、その地に固有なものである。平均太陽の時角により地方平均太陽時が、春分点の時角により地方恒星時が決まる。グリニジ子午線に関する地方平均太陽時をとくに世界時といい、すべての地方時の基準となる。ある地点の平均太陽時は世界時と経度の差だけ違う。一国または一地域内で共通の地方時を常用時とする場合、これを標準時といい、一般に世界時と整数時だけ違う地方時が選ばれる。日本は東経135度の子午線上にある明石(あかし)市の地方平均太陽時を採用しており、世界時より9時間進んでいる。

[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちほう‐じ チハウ‥【地方時】
〘名〙 ある地点の子午線を基準として定めた時をいう。地方平均太陽時・地方視太陽時・地方恒星時などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地方時の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation