@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地方財政法【ちほうざいせいほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地方財政法
ちほうざいせいほう
昭和 23年法律 109号。地方公共団体財政運営の財政と地方財政との関係などに関する基本原則を定めて,地方財政の健全性を確保し,地方自治発達に資することを目的とする法律。財政運営の基本,地方債公営企業財産の管理運用,国が負担する経費,国と地方とが経費を負担する割合,地方公共団体相互の負担関係などを定めている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちほうざいせい‐ほう〔チハウザイセイハフ〕【地方財政法】
地方財政の運営や国の財政との関係などに関する基本原則を定めている法律。昭和23年(1948)施行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちほうざいせいほう【地方財政法】
地方公共団体は,国とともに国民住民人権保障と実現のための一種の統治団体(公法人。地方自治法2条1項)として多種・多様な行政を行う主体であるが(同法2条2,3項各号参照),地方財政法は,このような行政の経済的・物的基盤としての財政(地方財政)の運営や,国の財政と地方財政との関係等に関する基本原則を定め,それによって地方財政の健全な運営を図り,地方自治の発達に資することを目的として,地方自治法の付属関係法律として制定された(1948公布)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちほうざいせいほう【地方財政法】
地方財政について、その運営や国の財政との関係などに関する基本原則を定めた法律。1948年(昭和23)公布。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地方財政法
ちほうざいせいほう
地方財政運営の基本原則について定めた法律(昭和23年法律第109号)。第二次世界大戦後の地方自治の強化に伴って、1948年(昭和23)に制定され、その後、たびたびの改正がなされている。地方公共団体の財政の運営、国の財政と地方財政との関係などに関する基本原則を定め、もって、地方財政の健全性を確保し、地方自治の発達に資することを目的とする(1条)。
 一般には、地方財政法は地方財政に関する基本法といってよいが、その規定は、地方財政のすべての活動内容に及ぶものではない。たとえば、地方公共団体の収入のうち、地方税および地方交付税については、別の法律(地方税法、地方交付税法)の定めるところであり、また財務については、地方自治法が詳細な定めを置いている。
 地方財政法は、大別して、次の二つの理念からなっている。
 第一は、地方財政の自主性と健全性の確保である。地方自治の発展のためには、地方公共団体の財政的自立が不可欠である。地方財政法は、国は、地方財政の自主的かつ健全な運営を助長することに努め、いやしくもその自律性を損なってはならない(2条2項)と定める。国と地方との経費負担の原則についても、地方公共団体の事務に要する経費は、当該地方公共団体が全額これを負担することを原則とする(9条)とともに、国庫負担金については制限列挙する(10条~10条の3)などして、国庫負担金による国の財政的関与を極力排除しようとしている。また、財政の健全性を確保するために、地方財政法は、原則として地方債以外の収入をもって歳出にあてるべきこと(5条)、予算の編成執行などを行う場合には、当該年度のみならず、翌年度以降の財政をも考慮して行うべきこと(4条の2)などを定める。
 第二は、国と地方公共団体の財政責任の明確化と財政秩序の確立である。この観点から、地方財政法は、上記のような国と地方公共団体との経費の負担区分を明定している。さらに、財源保障として、地方公共団体の負担すべき経費は、これを地方交付税の算定に用いる財政需要額に算入すべきこと(11条の2)などを定めている。また、国と地方公共団体との間において、あるいは地方公共団体相互間において、その負担区分を侵すことのないように、それぞれが負担を転嫁したり、割当的寄付金を徴収したりしてはならない、と定められている(2条2項、4条の5)。なお、市町村の職員の給与費などに関して、住民に対して負担を転嫁することを禁じる規定(27条の4)もある。[田中 治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちほうざいせい‐ほう チハウザイセイハフ【地方財政法】
〘名〙 地方財政運営についての基本原則を定めた法律。昭和二三年(一九四八)制定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方財政法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地方財政法の関連情報

関連キーワード

脂環式化合物マイトネリウム放火罪マイトネリウムアミノフェノール(データノート)109日本語キーボード109キーボードイタリアアダマンタンウラン・鉛法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation