@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地方銀行【ちほうぎんこう】

デジタル大辞泉

ちほう‐ぎんこう〔チハウギンカウ〕【地方銀行】
全国の大・中都市に本店を有し、本店所在の都道府県内を主たる営業基盤とする普通銀行地銀。→都市銀行第二地方銀行
[補説]全国に64行ある(令和2年3月現在)。相互銀行から転換した第二地方銀行と区別するため、第一地方銀行第一地銀)とも呼ばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちほうぎんこう【地方銀行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地方銀行
ちほうぎんこう
普通銀行のうち地方都市に本店を置き,主として所在する都道府県を営業地盤とする銀行。日本では 1936年に全国地方銀行協会が設立されて以来この用語が一般化した。地方における預貯金の吸収と地元産業への貸し付けをおもな業務としていたが,2000年代になって県境をまたいだ合併・統合が活発となり,複数の都道府県で営業を展開する地方銀行の広域化・再編が進んでいる。(→都市銀行

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地方銀行
ちほうぎんこう

銀行本体の設立根拠が国内法に準拠する普通銀行を国内銀行とよび、そのなかでも、一般社団法人全国地方銀行協会の会員となっている、地域に営業地盤を置く銀行を地方銀行とよぶ(2020年3月時点で64行)。第一地方銀行、第一地銀、地銀Ⅰともよばれる。都市銀行に比べると規模は小さい傾向にあるが、地域に営業地盤を置く地域金融機関(地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合)のなかでは大きい。地方銀行を含めた地域金融機関は、地域産業を金融面から支え、地域経済の活性化に貢献するという社会的使命をもつ。

 一般的に地方銀行の特色として、預金では個人預金のシェアが高いこと、主たる融資先を地場産業の中堅・中小企業としていること、公金の取扱いと地方債の引受けによって地元の地方公共団体と密接な関係をもっているといった傾向が指摘される。さらに2000年代以降、金融の自由化が進み、各種の金融商品(保険、個人年金、投資信託)の取扱いも充実させ、収益源の多様化にも努めている。また、地方銀行どうしや異業種との各種連携(例:業務提携、包括連携、資本業務連携)を通じて事業効率化に努めるといった取組みも進めている。しかし、長期化する低金利環境のもと、収益性の低下に苦しむ地方銀行が増えている。

[平田英明 2020年10月16日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちほう‐ぎんこう チハウギンカウ【地方銀行】
〘名〙 大都市以外に本店があり、その地方を中心にした一定区域内を営業の主な基盤とする銀行。ふつう、地方産業に対する融資を主要業務とする。広義には、中央銀行に対する普通銀行をさすが、狭義には、都市銀行を除いた普通銀行を意味する。地銀。〔投機市場論(1926)〕
※青べか物語(1960)〈山本周五郎〉はじめに「洋食屋、ごったくや、地方銀行の出張所〈略〉などがあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方銀行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地方銀行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation