@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地殻変動【ちかくへんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地殻変動
ちかくへんどう
crustal movement
地殻に起こる急激な,または緩慢な動き,およびそれによる変化の総称。地殻運動ともいう。規模はさまざまで,広大な地域の陸地の隆起沈降,これに伴う褶曲断層運動火山の噴火などかなり長期間にわたる大規模なものから,地震によって短期間に急激に起こる土地の隆起や沈降,長期間の水準点の観測によって確かめられるようなものまである。地殻変動の観測には,測量全地球測位システム GPS,傾斜計,干渉SARなど多様な手法が用いられる。2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震では,GPS連続観測システム GEONETにより岩手県南部から茨城県北部にかけての太平洋側は 1m以上,東~東南東に移動し,50cm以上沈下するという大きな地殻変動が観測された。
火山地域では地下のマグマの動きによる地殻変動がしばしば観測される。一般に噴火の前に火山体の膨張と隆起が起こり,噴火後には収縮と沈降が起こる。これは噴火に先立って深部から供給されるマグマがマグマだまりに蓄積して圧力が増加するためであり,噴火によってマグマが放出されると逆に圧力が減少するためである,と説明できる場合が多い。火山の地殻変動はマグマの状態や動きを敏感に反映するので,噴火予知の有力な観測項目として注目される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちかく‐へんどう【地殻変動】
地球内部のエネルギーによって地殻変形・変位を起こす運動。隆起沈降造山運動地塊運動など。
(比喩的に)諸活動の基盤となる方式・組織が変化すること。「パチンコ業界に地殻変動が起こっている」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちかくへんどう【地殻変動 crustal movement】
地殻が時間とともに変形する現象で,その原因が固体地球内部にあるもの。直接の原因が地球外部にある場合でも,広範囲な地殻の変形を誘発する場合ならば,これを地殻変動と呼ぶ。地震動,地球の自由振動地球潮汐のような振動的変形は地殻変動に含まれない。また堆積浸食隕石孔形成集中豪雨による地すべりや工業活動に原因する地盤沈下なども地殻変動とは呼ばない。 地殻変動は,断層運動のように短時間に発生する現象から,長い地質時代を通してゆっくりと進行する造山運動まで,幅広い帯域にわたる特徴をもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちかくへんどう【地殻変動】
地殻に生ずる動き。また、それによって起こる種々の変形・変位。隆起・沈降、断層や褶曲、造山運動など。
比喩的に、ある社会や組織の中で、深部から生ずる力による変化をいう。 政界の-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地殻変動
ちかくへんどう
地球の表面を形づくっている地殻が変形する現象。この変形はゆっくりとおきたり、急激に生じたり、いろいろの場合があり、変形に伴って、地殻の一部が破壊されることもある。地殻変動の結果、土地の隆起や沈降、傾斜や伸縮がおこり、断層や褶曲(しゅうきょく)が生成し、さらに造山運動といった大規模な変形も生じる。このように地殻の動きの結果として生じた構造のことも、地殻変動ということが多い。同じ地殻の動きであっても、地震の振動や地球潮汐(ちょうせき)による周期的変形は、通常は地殻変動には含めない。
 地殻変動の生じる原因は明らかではないが、いずれにしても地球の内的エネルギーによるものであり、マントル対流の影響が大きいのではないかと想像されている。大地震に伴って明らかな地殻変動の生じた例は多い。1891年(明治24)の濃尾(のうび)地震の際の根尾谷(ねおだに)断層の生成、1923年(大正12)の関東大地震のときの南関東一帯の隆起と水平移動、1964年(昭和39)の新潟地震に伴う粟(あわ)島の傾動などは有名で、同様な例はほかにも多い。このようにはっきりした変化ではなく、地震を伴わずに、ゆっくりとわずかずつおこっている地殻変動もある。こうした緩慢な変動が存在することは、精密な観測、測量を行うことによって初めてわかってくる。
 変動が非常にゆっくりしている場合や、急激に生じたものでも変動量が小さい場合には、あまり大きな影響はないように思われがちである。しかし、それが長期にわたって継続し繰り返されるならば、全体では非常に大きな変動となり、その結果が明らかに観察できるようになる。たとえば、海中で堆積(たいせき)した堆積岩が高山でみられたり、二つの地層の上下が逆転していたり、もともと一つにまとまっていた地質構造が水平断層によって何キロメートルも離れてしまうなどの現象である。現在の大きな山脈は、すべてこうした過去の小さな地殻変動の積み重ねでできたものである。このことは、現在の地殻の形成には、過去の地殻変動が、無視できない大きな役割を果たしてきたことの証明でもある。
 現在、地殻変動の観測は、主として地震予知のために行われている。大規模な地震は、その発生に先だって地殻の隆起などの小さな変動を引き起こしていることがあり、新潟地震や1980年の伊豆半島東方沖地震では、地震の前兆と思われる変動が確認されている。そのため、地震の予想される地域で地殻変動を監視することが、地震予知の手段の一つとして重要視されている。そして、精密水準測量、光波測量、精密重力測量などの繰り返し、地下観測坑における地殻の傾斜、伸縮観測が精力的に実施されている。さらに広域の地殻変動を検出する最新の手段として、VLBI(超長基線電波干渉法)やGPS衛星(Global Positioning System=全地球測位システム)を利用して高精度の位置測定をする方法が実用化されつつある。1990年代に入って、かなりの規模の地殻変動が、一瞬におこるのではなく、数十秒の時間をかけて生ずる場合のあることがわかってきた。これはヌルヌル地震などとよばれ、あまり大きな地震を伴わずにおこる。しかし海底でこの変動が生じると津波は押し寄せるので、この種の地殻変動の検出と対策が急がれている。[長沢 工]
『木村政昭著『地震と地殻変動 琉球弧と日本列島』(1985・九州大学出版会) ▽木村政昭著『噴火と地震――揺れ動く日本列島 群発地震と火口底上昇で地殻変動を予測する』(1992・徳間書店) ▽米倉伸之編著『環太平洋の自然史』(2000・古今書院) ▽木村敏雄著『日本列島の地殻変動 新しい見方から』(2002・愛智出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちかく‐へんどう【地殻変動】
〘名〙 地球内部の原因によって地殻に生じる動揺または変形。造山運動、造陸運動、断層、地盤の隆起・沈降など。地殻運動。
※地震学講話(1907)〈大森房吉〉三「余震の度数は、同時に、震原若くは其直接近傍の地に存する地殻変動の大さに比例すること」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地殻変動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地殻変動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation