@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地温勾配【ちおんこうばい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地温勾配
ちおんこうばい
geothermal gradient
地中の単位深度差に対する温度増加の割合地表近くの浅いところでは,地温勾配気温の影響を受ける。たとえば,地表から 1mぐらいまででは日周期の変化が,10mぐらいまででは年周期の変化が認められるが,数十m以深ではこのような周期変化はないとされている。地下数十 kmぐらいまでの地温勾配は,だいたい 100mあたり数度であるが,火山や温泉地帯などの特殊な場所を除いても,地域性をもっており,それは地質構造に密接に関係していると考えられている。地温勾配は,その場所の熱伝導率比熱および熱源分布などによって異なる。数十m以深の大陸での平均的地温勾配は,3×10-2℃/m である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちおん‐こうばい〔チヲン‐〕【地温勾配】
地中の温度が深さとともに上昇する割合。地表の浅いところでは、100メートルごとに1~3ケルビン程度上昇する。一方、深度100キロメートル以深ではマントル対流により勾配は小さく、1キロメートル毎に1ケルビン程度上昇する。地下増温率

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地温勾配
ちおんこうばい
geothermal gradient

地下の温度が深さとともに上昇する割合。場所によってかなりの差があるが、普通、1キロメートルにつき10~40℃程度である。地表付近の地温は、気温の変化の影響を大きく受けるので、正確な地温勾配を知るためには、深いボーリング孔か井戸の中での測定が必要である。地温勾配とその場の岩石の熱伝導率の積は、地下から地表に向かって熱伝導により運ばれる熱量であり、地殻熱流量とよばれる。

[吉井敏尅]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちおん‐こうばい チヲン‥【地温勾配】
〘名〙 地球内部に向かうに従って地中温度が変化する割合。あまり深くないところでは、一般に一キロメートル当たり摂氏二〇~三〇度上昇する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

地温勾配

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地温勾配」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地温勾配の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation