@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地獄の釜の蓋があく【じごくのかまのふたがあく】

精選版 日本国語大辞典

じごく【地獄】 の 釜(かま)の蓋(ふた)があく
正月一六日と盆の七月一六日をいう。この日には地獄の鬼が亡者の呵責(かしゃく)を休む日とされ、使用人にもやぶ入りとして暇を与える習慣があった。
※咄本・醒睡笑(1628)四「この頃は地獄の釜のふたもあき、罪人聖霊となり来るなると聞くが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地獄の釜の蓋があく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地獄の釜の蓋があくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation