@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地球内部構造【ちきゅうないぶこうぞう】

知恵蔵

地球内部構造
地震波の観測で、深さ方向に不連続な変化が認められることから、地球内部は、地殻マントル、核の3層に区分される。大陸地殻は主に花崗(かこう)岩質の岩石からなり、厚さが30〜60km。海洋地殻は主に玄武岩質の火成岩からなり、厚さは約7kmと薄い。地殻とその下のマントルとの境界面をモホロビチッチ不連続面(モホ面)という。地震波のP波速度は、地殻では毎秒約6〜7kmで、マントルでは毎秒約8kmと速く、この面を境に上下の物質の密度が異なる。マントルは、深さ400〜700kmの遷移層をはさんで上部マントルと、670km以深の下部マントルに分けられ、最下部に100〜200kmのD″層などが確認されている。D″層の下約2900km以深の核は、軽元素を少量含む鉄からなり、融解している外核と固体の内核に分けられる。こうした物質あるいは化学的区分のほかに、地殻とマントル部分は、地震波で確認された深さ数十〜200kmの低速度層と深さ670km不連続面を境に、上から下へ、リソスフェアアセノスフェア、メソスフェアの3つに力学的区分がなされている。
(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

地球内部構造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地球内部構造の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation