@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地理【チリ】

デジタル大辞泉

ち‐り【地理】
地球上の海陸・山川の分布、気候・生物・人口・都市・産業・交通などの状態。
その土地の事情やようす。「この辺の地理には通じている」
地理学」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちり【地理】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちり【地理】
地球上の山川・海陸・気候・人口・集落・産業・交通などの状態。 中央アジアの-を研究する 自然- 人文-
その土地の様子・事情。 この辺の-に明るい人
学問または教科としての地理学。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ち‐り【地理】
〘名〙
① 土地の状態。山川・海陸などの状態。
※書紀(720)推古一〇年一〇月(岩崎本室町時代訓)「仍りて暦の本及び天文地理(チリ)の書(ふみ)、并せて遁甲(とんかふ)方術の書を貢る」 〔易経‐繋辞上〕
② 土地。大地。
※高野山文書‐正中三年(1326)二月二三日・入寺長遍御影堂陀羅尼田寄進状「捧少田之地理而結縁於陀羅尼之音声」
③ 地表における、地形・気候・生物・村落・都市・産業・人口・交通・政治などの有様。また、ある地域の地形、交通、町村の内部などの有様。
※風に吹かれて(1967‐68)〈五木寛之〉赤線の街のニンフたち「私は今でも〈略〉町屋や、葛西橋あたりの地理もくわしい」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「歴史と作文と地理と悪戯が大好きだった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation