@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地色【ジイロ】

デジタル大辞泉

じ‐いろ〔ヂ‐〕【地色】
布・紙などの、下地の色。
女郎が、土地の男を情夫にすること。また、その情夫。
「―でも出来たか」〈洒・辰巳之園
素人の女との色恋。
「なりひらの惜しい事には―なり」〈柳多留・八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じいろ【地色】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じいろ【地色】
下地したじの色。地質じしつの色。
花街の女が情夫にした土地の男。 どうだ、-でもできたか/洒落本・辰巳之園
素人娘との色事。 いや、おらは-はきらいだ。比丘尼びくにがええ/咄本・聞上手

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐いろ ヂ‥【地色】
〘名〙
① 布、紙などの下地(したじ)の色。材料そのものの色。じ。
※御湯殿上日記‐長享元年(1487)八月五日「御きぬちあをのかうし。地色のところはかりすすし」
② (「地」は、しろうとの女の意) 色をひさぐ女郎ではなく、しろうと女との色恋。また、その女。地の色。
※談義本・教訓不弁舌(1754)四「色にふけり、地色には金を遣ひ、女郎にはだまされ果て」
③ 女郎が、客ではなく地回りの者を情夫とすること。また、その男。
※洒落本・魂胆惣勘定(1754)中「又此くめん事にて、地色(チイロ)の手管もあり」
④ 浄瑠璃の節章の一つ。ふし落ちのあとなどにおける地(じ)の語りだしの一つで、詞の要素を加味した色の語り方。音の高低によって、地色ウ、地色中、地色上、地色ハルがある。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「だうりともせうし共思ひ、やられてあはれ也。地色ハアかういふてもハルむやくのこと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation