@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地衡風【ちこうふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地衡風
ちこうふう
geostrophic wind
等圧線が直線状に平行である場合,気圧傾度力と転向力(コリオリの力)が釣り合った状態で吹いている風向は等圧線に平行で,北半球では風下に向かって左側が低圧部になり,風速は気圧傾度が大きいほど,また緯度が低いほど大きくなる。なお地衡風は,風の加速度や地表の摩擦力がないものとして考えた風であるから,地表付近では必ずしもあてはまらないが,地表の影響のない自由大気中の大規模な流れについては,地衡風で近似できる。ただし,コリオリの力が働かなくなる赤道付近では,自由大気中の大規模な流れであっても地衡風近似は成り立たない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちこう‐ふう〔チカウ‐〕【地衡風】
気圧傾度力と転向力(コリオリの力)とがつりあって吹いている風。等圧線に平行に、北半球では低圧側を左、南半球では右に見るように吹く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちこうふう【地衡風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

地衡風
ちこうふう

気圧傾度力と偏向力のみが空気粒子に作用すると考え、これらの力がつり合っているとしたときの理論的な風をいう。地衡風は直線状の等圧線または等高線に平行に吹く。傾度風の式において遠心力の項を省くと地衡風の式が得られる。遠心力の項で、曲率半径を無限大にすると地衡風の式となるので、曲率半径の大きい等圧線の場では地衡風が近似的に成立する。摩擦層の上にある自由大気中の大規模な空気の運動では、近似的に地衡風が適用される。このような空気の運動を地衡風運動とよぶ。北半球では流れの方向に向かって左側に低圧部をみるように吹く。

 大規模な空気の運動は複雑な影響を受けて地衡風運動から外れる可能性をもっている。しかし、気圧場と風の場とのつり合いが破れても、大規模運動では、重力や慣性波が発生して分散し、新しい気圧場と風の場との間につり合いが回復され、新しい地衡風運動が確立される。これを地衡風調節とよぶ。このように、大規模運動ではつねに地衡風の関係が保持される。地衡風が吹いている状態を地衡風平衡とよぶ。大規模運動が地衡風平衡にあることは、大気運動の重要な特徴で、この性質を利用し、天気図解析は大きな成果を収め発展した。しかし、この特徴は、大気の運動方程式における加速度項を非常に小さいものとし、そのため力学的予報の発展を渦(うず)度方程式の実用化を待つまで遅らせることになった。

[股野宏志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちこう‐ふう チカウ‥【地衡風】
〘名〙 地球自転の転向力(コリオリの力)と気圧傾度力とがつりあったときに吹く風。等圧線または等高線に平行に、北半球では低圧域を左に、南半球では右にみるように吹く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地衡風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地衡風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation