@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

地震調査委員会【じしんちょうさいいんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地震調査委員会
じしんちょうさいいんかい
地震に関する調査研究の結果などを収集整理,分析して総合評価を行なう政府組織。1995年成立の地震防災対策特別措置法に基づき,文部科学省特別の機関である地震調査研究推進本部内に設置された。学識経験者と関係官庁職員からなる。全国の地震活動状況や過去データを収集,分析し,長期評価(→地震発生確率評価)や強震動予測方法を検討する。2005年に今後 30年以内に震度 6弱以上のゆれに見舞われる確率分布などを反映させた「全国を概観した地震動予測地図」を発表。毎月定例会議のほか,地震活動が活発化する兆しがみられる場合には臨時会が開かれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

地震調査委員会
地震防災対策特別措置法に基づき、関係行政機関(気象庁国土地理院など)や大学などの調査結果を収集、整理、分析し、地震活動に関して総合的な評価を行う政府の組織。地震調査研究推進本部内に設置され、事務局は文部科学省にある。メンバーは学識経験者と関係官庁職員の15人からなり、地震活動について現状評価と長期評価を行う。1995年8月から、毎月の定例会を開催し前月の現状評価を行っているが、大きな地震や群発地震が発生した場合にはその都度、臨時会を開く。
(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

日本大百科全書(ニッポニカ)

地震調査委員会
じしんちょうさいいんかい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地震調査委員会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地震調査委員会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation