@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

坊ちゃん【ボッチャン】

デジタル大辞泉

ぼっ‐ちゃん【坊ちゃん】
他人の男の子を敬っていう語。「坊ちゃんはお元気ですか」
大事に育てられて、世事にうとい男性。「苦労知らずの坊ちゃん」→御(お)坊ちゃん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐ちゃん バウ‥【坊ちゃん】
〘名〙 (「ちゃん」は接尾語。「ぼうっちゃん」とも) 男の子を親しんで呼ぶ語。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)二「愛児様(ボウチャン)能くお使にお出(いで)だネヘ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼっ‐ちゃん【坊ちゃん】
(「ぼうさま(坊様)」の変化した語)
[1] 〘名〙
① 目上の人、また他人の男の子を敬っていう語。「ぼっちゃま」に比べて、敬いの気持はやや薄い。
※歌舞伎・勧善懲悪覗機関(村井長庵)(1862)六幕「ぼっちゃん、たんとお上りなされませ」
② 世事にうとい人。あまやかされて育ったため世間をよく知らない人。多く、あざけりやののしりの気持をこめて用いられる。ぼっちゃま。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉七「世間見ずの坊(ボッ)チャン派だが」
[2] (坊っちゃん) 小説。夏目漱石作。明治三九年(一九〇六)発表。松山の中学の数学教師に赴任した単純で直情家の「坊っちゃん」とあだ名のついた青年が偽善的な社会に立ち向かう生き方を、ユーモアに富む筆致で歯切れよく描く。
[語誌](1)「随・守貞漫稿」(一八三七‐五三)に、「江戸〈略〉中民以下は〈略〉男子童形を坊様」とあり、「京坂にてぼんと訓ず 江戸にてはぼうと訓ず」と注が付く。
(2)尊称として「坊さん」「お坊さん」、愛称としては「ぼうちゃん」などの語もあり、「ぼっちゃん」はこの促音便形として幕末に成立したと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

坊ちゃん
ぼっちゃん
明治後期,夏目漱石の短編小説
1906年『ホトトギス』に発表した。江戸っ子気質の主人公が中学教師として松山(愛媛県)に赴任し,そこでいろいろな騒動にまきこまれるありさまを軽妙に描いている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坊ちゃん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

坊ちゃんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation