@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

坐・居【う】

精選版 日本国語大辞典

う【坐・居】
〘自ワ上二〙 すわる。いる。
※書紀(720)崇神一〇年九月「急居、此云菟岐于(つきウ)
※万葉(8C後)一九一二「たまきはるわが山の上に立つ霞立つとも座(う)とも君がまにまに〈作者未詳〉」
[語誌]終止形の用例だけ見られ、「万葉集」ではふつう上一段活用「ゐる」が用いられているので、挙げてある万葉例の「う」は古い活用の残存とみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坐・居」の用語解説はコトバンクが提供しています。

坐・居の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation