@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

垂木【たるき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

垂木
たるき
rafter
木造建築でからにかけた斜材。棟木 (けた) に架して,その上に屋根下地を造る。日本では,平安時代以降は化粧垂木の上に尾根面を構する野垂木 (のだるき) を置いて屋根をふいた。普通は角材であるが,丸太,竹なども使う。すい,椽,,架などとも書く。寺社建築では軒先の化粧垂木が地垂木と飛檐 (ひえん) 垂木の2重になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たる‐き【垂木/×棰/×椽/×榱/架】
屋根を支えるため、棟から軒先に渡す長い木材。はえき。たりき

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

垂木
木造・鉄骨構造などの建築における小屋組構造材。棟木から桁にかけて打ち付ける斜めの材のこと。棟木と敷桁とによって支持され、屋根の下地材に打たれる野垂木と、室内の天井にむき出しに見える化粧垂木とがある。軒桁、母屋、棟木の上に等間隔に渡され、垂木の上に野地板や構造用合板などを張り屋根下地とすることが多い。?とも書かれる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たるき【垂木】
建築の屋根工事で屋根板,あるいは屋根下地材を直接支えるために,棟から外周の軸組に斜めに架け渡された部材の名。日本の古い木造建築では,棟木から放射状に配された垂木を扇垂木と称し,奈良時代前期および鎌倉時代の天竺様,唐様の建物に見られたが,一般には垂木どうしを互いに平行に配した平行垂木が日本独特の形式として発達した。垂木の間隔は屋根の仕上材やその下地材の寸法や重さによって30~45cmの値となる。古建築ではもっと間隔が狭く,部材のあきが垂木の成(せい)(長さ,幅に対して下端から上端までの垂直距離をいう)と同じものを本繁(ほんしげ)割り,垂木の成と幅の和と同じものを半繁割りという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

家とインテリアの用語がわかる辞典

たるき【垂木】
屋根の骨組み(=小屋組み)を構成する部材の一つで、棟木(むなぎ)から軒桁(のきげた)まで斜めに渡し、屋根の下地の板などを支える長い木材。◇「棰」「椽」「榱」「架」などど書くこともある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

垂木
たるき
小屋組みにおいて母屋(おもや)の上に置き、屋根の流れに沿って棟木から軒桁(のきげた)または鼻母屋(はなもや)(軒先近くに置かれる母屋)までをつなぐ部材。垂木の上には裏板を張り、葺(ふ)き材料を置くのが普通であるが、小舞(こまい)を組んで裏板にかえることもある。いずれにせよ、垂木の勾配(こうばい)が即屋根勾配となる。軒裏を見上げて、軒桁から突き出た垂木が軒先まで直通している軒の構成を一軒(ひとのき)といい、この垂木を軒の出の中間で切り、その先端に別の垂木をのせて軒先まで伸ばすものを二軒(ふたのき)とよぶ。二軒の場合、元の垂木を地(じ)垂木、先端の垂木を飛檐(ひえん)垂木という。寺院建築などでは「地円飛方」と称し、地垂木断面を円形、飛檐垂木断面を長方形にする例が多い。一軒、二軒にかかわらず軒裏が下からみえる場合を化粧軒裏といい、そこに用いられている垂木を化粧垂木という。日本建築では建物全体を覆う屋根の軒部分において、その下側に勾配の緩い化粧軒裏を別につくることがあり、住宅の縁側などに用いられる。この場合の屋根の垂木は隠れてみえないので野垂木とよぶ。
 垂木は母屋の上に等間隔(45センチメートル程度)に配列するのが標準であるが、化粧軒裏では意匠上の要請から特別な並べ方をする場合がある。垂木を密に配置する形を繁(しげ)垂木といい、そのうち、垂木間隔を垂木幅と等しくするものを本繁(ほんしげ)、間隔を成(せい)(高さ)と等しくするものを小間返(こまかえ)しとよび、寺院などに採用される。また、垂木2本を接近させて一組とし、その組と組との間隔を適当に開く配置を吹寄せといい数寄屋(すきや)造などで好まれる。以上はすべて垂木を平行に配列するものであるが、建物の中心から放射状に広げていく形を扇垂木、建物の四隅のみを放射状とし他を平行にするものを隅扇垂木といい、禅宗様建築などにみられる。
 垂木の材料は通常は木材であるが、化粧軒裏の場合は意匠上の要求から竹などを用いることもある。[山田幸一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垂木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

垂木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation