@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

垂直離着陸機【すいちょくりちゃくりくき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

垂直離着陸機
すいちょくりちゃくりくき
vertical take off and landing aircraft; VTOL
垂直離着陸の可能な航空機。 VTOL機ともいう。実用的な垂直離着陸機は,ほとんどがヘリコプタである。それ以外の垂直離着陸機が真剣に考えられるようになったのは 1950年代からで,その頃試作された実験機には,翼とプロペラと回転翼 (ロータ) をもつコンパウンド機,翼とプロペラが垂直から水平に変向するティルトウィング機,ジェットエンジンをロケットのように立てて垂直に離昇するテールシッターなどがある。そのなかからジェットエンジンの噴射を変向するBAEハリアーが実用化された。さらにアメリカ3軍とイギリス海軍の新しい共用戦闘攻撃機 JSF;Joint Strike Fighterは,ジェットエンジンの推力変向とリフトファンによって垂直に離陸し,超音速で飛ぶことができる。またロータを垂直から水平まで変向するティルトロータ機も実用段階に入った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すいちょく‐りちゃくりくき【垂直離着陸機】
航空機で、離着陸の際に滑走することなく、ほぼ垂直に上昇または降下する能力をもつもの。ふつう、ヘリコプターを含めない。VTOL(ブイトール)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいちょくりちゃくりくき【垂直離着陸機】
滑走しないでほぼ垂直に離着陸できる航空機。vertical take‐off and landing aircraftを略してVTOL(ブイトール)とも呼ばれる。ヘリコプターも広い意味ではVTOLの一種であるが,一般にはこれを除外して,固定翼の飛行機に垂直離着陸能力をもたせたものをVTOLとすることが多い。空中ではふつうの飛行機と同じに高速で飛び,離着陸にはヘリコプターのように滑走路がいらないことがVTOLのねらいである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

すいちょく‐りちゃくりくき【垂直離着陸機】
〘名〙 (vertical take-off and landing aircraft の訳語) 地表面と垂直に離着陸でき、水平飛行中は固定翼によって揚力を得る型式の飛行機。離陸時の推力を得る方法としては、ジェット推進装置からの地上への噴射などがある。ブイトール。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

垂直離着陸機
すいちょくりちゃくりくき

VTOL機

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垂直離着陸機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

垂直離着陸機の関連情報

関連キーワード

VTOL機STOL機戦闘機ストブル特設艦船VSTOLCTOL機ダウンウオッシュ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation