@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

垂領【たりくび】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

垂領
たりくび
たれえり,すいりょうとも読む。日本の上代の服装にみられる型の一種。今日の和服のように襟の両端前部に垂れ下がった形のもの。5~6世紀以降の埴輪土偶の衣褌 (きぬはかま) ,衣裳 (きぬも) など,中国系外来文化の服装には2つの襟型があり,この垂と,今日の詰め襟といわれる丸首式の盤領 (あげくび) とがあった。領は襟,と同義語で首にあたる部分を示す。なお,後世の女子服の装束小袖類はほとんどこの系統である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たり‐くび【垂領/垂×頸】
襟(えり)を肩から胸の左右に垂らし、引き合わせて着用すること。直垂(ひたたれ)素襖(すおう)などの方領(ほうりょう)はこの形式。水干(すいかん)盤領(まるえり)であるが、鎌倉時代のころから襟を折り込んで垂領に着る着用法が普通となった。→盤領(あげくび)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たりくび【垂領】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

たり‐くび【垂領】
〘名〙 襟(えり)を肩から胸の左右に引き垂らし、とり違えて着用する方法。直垂(ひたたれ)類は方領(かくえり)であるから垂領に着るのが当然であるが、水干などの盤領(まるえり)の場合、鎌倉の頃から上領(あげくび)とせずに垂領に着るのが普通となった。⇔上領。〔随筆・安斎随筆(1783頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垂領」の用語解説はコトバンクが提供しています。

垂領の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation