@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

垂髪【すいはつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

垂髪
すいはつ
髪型の一種。結い上げずに垂らした髪型で,下げ髪垂れ髪ともいう。宮中官のおすべらかし,子供のお下げ,三つ編などの総称

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すい‐はつ【垂髪】
結いあげずに垂らしたままのすべらかし。たれがみ。また、転じて、幼児童子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すい‐ほつ【垂髪】
で、菩薩(ぼさつ)像などにみられるに垂れた髪。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべら‐かし【垂髪】
女性の髪形の一。前髪を膨らませ、後頭部でそろえて束ね、背中に長く垂らしたもの。江戸初期まで成人の女子の髪形であったが、のちには高貴な婦人の正式な髪形となった。さげがみ。すべしがみ。すべしもとどり。おすべらかし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべし‐がみ【垂髪】
すべらかし」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいはつ【垂髪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいはつ【垂髪】
背後に長く垂れた髪。たれがみ。すべらかし。
垂れ髪の子ども。幼児。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すいほつ【垂髪】
仏像で、肩まで垂れている髪をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべらかし【垂髪】
婦人の髪形の一。鬢びんを大きく張り、背の方へ長くさげたもの。かもじを入れ、水引などを結ぶ。武家婦人・宮中女官などが結った。すべしがみ。おすべらかし。さげがみ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

垂髪
すいはつ
女性の髪形の一種。下げ髪ともいう。平安時代以降、高貴な婦人の間では、髪の長さが自分の身丈より30センチメートルも長いのが普通で、『大鏡』には、牛車(ぎっしゃ)に乗って毛先が母屋(おもや)の柱に引っかかったほどの長さの女御(にょうご)がいたことが記されている。庶民の髪も、当時は垂髪であったが、その長さが腰くらいであったのは、仕事をするのに不便であったことに起因する。この垂髪は明治以降、宮中女官の間では「おすべらかし」といって、儀式の際の髪形として用いられた。その形は、鬢(びん)を張り出して誇張されたところに特色がある。また民間では、明治に入って「お下げ」と称して、年齢5、6歳から中学卒業ごろまでの子供の髪形であった。しかし、「おかっぱ」という切り髪が大正末期にはやりだしてから、しだいに衰退していった。[遠藤 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐はつ【垂髪】
〘名〙
① 髪をうしろにたらすこと。また、その髪やその髪型。たれがみ。すべらかし。
※玉葉‐文治元年(1185)一〇月七日「来月可垂髪云々」
※曾我物語(南北朝頃)四「上洛し受戒をし給ふべきなれば、すいはつにて上り給はば」 〔後漢書‐呂強伝〕
② たれがみの子ども。転じて、幼児をいう。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※吾妻鏡‐元暦元年(1184)一一月六日「垂髪吹横笛、梶原平次付之」 〔後漢書‐鄧禹伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すい‐ほつ【垂髪】
〘名〙 仏語。仏像で菩薩像などの肩にたれた髪。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべし‐がみ【垂髪】
〘名〙 女性の髪型の一つ。下げ髪の異称。江戸初期まで、成人女性一般の髪型であったが、のち、高貴の女の正式の髪型となった。すべしもとどり。すべらかし。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たれ‐がみ【垂髪】
〘名〙 幼児のまだ結いあげないでたれ下げた髪。また、その髪型。たれ下げた髪。おかっぱ。すいはつ。
※今昔(1120頃か)三一「垂髪にて、栗毛なる草馬を乗物にして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垂髪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

垂髪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation